プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
※カテゴリー別のRSSです

2017年11月01日

つみたてNISAを活用しよう!




【つみたてNISAを活用しよう!】

投資信託などの運用益が非課税となるNISAに来年から「つみたてNISA」が加わります。
・現在のNISAは毎年120万円の元本の運用益を5年間非課税とする制度です。
・「つみたてNISA」は毎年40万円の元本の運用益を20年間非課税とする制度です。

20年分ですと800万円の元本の運用益が非課税となることになります。

現在のNISAとは選択適用となります。

せっかくの非課税制度ですからフルに活用したいですね。


具体的な内容については下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin.html




【29年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・まだできる即時償却(中小企業経営強化税制)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e124511.html

・医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)
http://keiei-s.jp/radertusin2901.html

・所得拡大促進税制の拡大
http://keiei-s.jp/radertusin2902.html
 


【28年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・住宅取得資金贈与の非課税枠のスライド
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e122928.html

・三世代同居リフォームをした場合の税額免除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120885.html

・空き家譲渡の3,000万円控除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120896.html



【27年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・領収書等スキャナ保存制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117992.html

・ふるさと納税の確定申告不要制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e119720.html

・知っておきたい事業者のマイナンバー制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117200.html

・相続税の基礎控除縮小と税率引き上げ(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e112709.html

・贈与税の非課税と税率改正(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e113127.html

・子、孫への結婚・出産・育児資金の贈与1,000万円非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e116831.html

・国外転出課税制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117544.html

・財産債務調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e118350.html



【26年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・消費税改正に伴う価格の表示方法
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e107255.html

・消費税率UPの経過措置
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e106663.html

・ゴルフ会員権等の譲渡損の通算不可
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e110211.html

・住宅ローン控除の拡充
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e111853.html



【25年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・雇用促進税制の拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e101457.html

・交際費の限度拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105058.html

・商業等の設備投資促進減税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e104501.html

・孫等への教育資金1,500万円贈与の非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e102033.html

・国外財産調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105905.html



不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

2017年10月02日

法定相続情報証明制度




【法定相続情報証明制度】

先日もニュースで
何代も相続登記をせずに相続人が増えすぎて
所有者不明となってしまってる不動産が日本全国で増えているとのこと。

相続が発生した場合には
不動産や金融資産等の名義変更手続きが必要です。

その名義変更手続きには
法務局やら銀行やらそれぞれの窓口に
戸籍謄本や住民票等を提出しなければなりません。

今までは戸籍謄本等を何部も取り寄せて提出しなければなりませんでしたが
今年の5月29日から「法定相続情報証明制度」ができて
法務局で発行した「相続情報一覧図」を各窓口に提出すれば名義変更ができることになりました。

手続きが簡素化されましたので
名義変更手続きを怠ることなく
相続人を確定していきたいですね。


具体的な内容については下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2910.html




【29年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・まだできる即時償却(中小企業経営強化税制)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e124511.html

・医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)
http://keiei-s.jp/radertusin2901.html

・所得拡大促進税制の拡大
http://keiei-s.jp/radertusin2902.html
 


【28年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・住宅取得資金贈与の非課税枠のスライド
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e122928.html

・三世代同居リフォームをした場合の税額免除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120885.html

・空き家譲渡の3,000万円控除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120896.html



【27年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・領収書等スキャナ保存制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117992.html

・ふるさと納税の確定申告不要制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e119720.html

・知っておきたい事業者のマイナンバー制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117200.html

・相続税の基礎控除縮小と税率引き上げ(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e112709.html

・贈与税の非課税と税率改正(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e113127.html

・子、孫への結婚・出産・育児資金の贈与1,000万円非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e116831.html

・国外転出課税制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117544.html

・財産債務調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e118350.html



【26年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・消費税改正に伴う価格の表示方法
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e107255.html

・消費税率UPの経過措置
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e106663.html

・ゴルフ会員権等の譲渡損の通算不可
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e110211.html

・住宅ローン控除の拡充
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e111853.html



【25年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・雇用促進税制の拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e101457.html

・交際費の限度拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105058.html

・商業等の設備投資促進減税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e104501.html

・孫等への教育資金1,500万円贈与の非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e102033.html

・国外財産調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105905.html



不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

2017年09月01日

各国の口座情報交換制度




【各国の金融口座情報の提供について】

海外旅行や、親族が海外居住で
海外に預金、証券、保険などの資産を持つ方が増えております。
昨今、海外で獲得した所得の申告をしていない方が出ています。

そんな中、100ヵ国、地域で外国人の資産情報を年1回交換し合う制度が創設されました。
29年以降の口座情報から対象になります。

もう隠せませんね。
今まで海外所得を申告してこなかった方は
指摘される前に申告をしておきたいですね。

具体的な内容については下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2909.html




【29年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・まだできる即時償却(中小企業経営強化税制)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e124511.html

・医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)
http://keiei-s.jp/radertusin2901.html

・所得拡大促進税制の拡大
http://keiei-s.jp/radertusin2902.html
 


【28年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・住宅取得資金贈与の非課税枠のスライド
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e122928.html

・三世代同居リフォームをした場合の税額免除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120885.html

・空き家譲渡の3,000万円控除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120896.html



【27年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・領収書等スキャナ保存制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117992.html

・ふるさと納税の確定申告不要制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e119720.html

・知っておきたい事業者のマイナンバー制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117200.html

・相続税の基礎控除縮小と税率引き上げ(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e112709.html

・贈与税の非課税と税率改正(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e113127.html

・子、孫への結婚・出産・育児資金の贈与1,000万円非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e116831.html

・国外転出課税制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117544.html

・財産債務調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e118350.html



【26年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・消費税改正に伴う価格の表示方法
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e107255.html

・消費税率UPの経過措置
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e106663.html

・ゴルフ会員権等の譲渡損の通算不可
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e110211.html

・住宅ローン控除の拡充
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e111853.html



【25年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・雇用促進税制の拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e101457.html

・交際費の限度拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105058.html

・商業等の設備投資促進減税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e104501.html

・孫等への教育資金1,500万円贈与の非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e102033.html

・国外財産調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105905.html



不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

2017年08月03日

中小企業経営強化税制




【中小企業経営強化税制の即時償却等】

建物付属設備、機械装置、工具、器具備品、ソフトウェアで一定のものを取得した場合には
・取得価額を全額損金算入できる即時償却
・取得価額の10%税額免除
のいずれかの適用が受けられます。

上記の一定のものとは次のいずれかの資産です。
・経営力向上要件を満たす資産
(旧モデル比で1%以上向上するものとして工業会等から証明書発行のあるもの)
・収益力強化要件を満たす資産
(5%以上の投資利益率が見込まれると経済大臣の計画確認を受けたもの)

まだまだ即時償却できる特例がありますね。

資産取得予定がある方は販売店等に対象資産になるのか確認してみましょう!

具体的な内容については下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2908.html




【29年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)
http://keiei-s.jp/radertusin2901.html

・所得拡大促進税制の拡大
http://keiei-s.jp/radertusin2902.html
 


【28年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・住宅取得資金贈与の非課税枠のスライド
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e122928.html

・三世代同居リフォームをした場合の税額免除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120885.html

・空き家譲渡の3,000万円控除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120896.html



【27年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・領収書等スキャナ保存制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117992.html

・ふるさと納税の確定申告不要制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e119720.html

・知っておきたい事業者のマイナンバー制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117200.html

・相続税の基礎控除縮小と税率引き上げ(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e112709.html

・贈与税の非課税と税率改正(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e113127.html

・子、孫への結婚・出産・育児資金の贈与1,000万円非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e116831.html

・国外転出課税制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117544.html

・財産債務調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e118350.html



【26年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・消費税改正に伴う価格の表示方法
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e107255.html

・消費税率UPの経過措置
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e106663.html

・生産性向上設備投資促進税制
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e109317.html

・ゴルフ会員権等の譲渡損の通算不可
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e110211.html

・住宅ローン控除の拡充
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e111853.html



【25年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・雇用促進税制の拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e101457.html

・交際費の限度拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105058.html

・設備投資促進減税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e104501.html

・孫等への教育資金1,500万円贈与の非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e102033.html

・国外財産調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105905.html



不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

2017年06月06日

役員報酬の損金拡大




【同額役員報酬の損金算入の拡大】

役員報酬は毎月定期同額給与でないと損金に算入できません。
金額を変更する場合には事業年度開始日から3か月以内でないと変更できません。
変更したら1年は据え置きとなります。

この定期同額給与とは「支給総額」が毎月同額でなければなりませんでした。
29年4月からは「手取額」が同額の場合も定期同額給与とされました。


外資系企業は支給総額から社会保険や税金を控除した手取額が同額になるように
役員報酬を支給している企業が多いようです。
以前ですと「支給総額」が変動するため損金算入ができませんでしたが
これからは「手取額」固定で損金算入ができることとなりました。


皆さんの会社もどちらがいいか検討してみましょう。



具体的な内容については下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2906.html




【29年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)
http://keiei-s.jp/radertusin2901.html

・所得拡大促進税制の拡大
http://keiei-s.jp/radertusin2902.html
 


【28年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・住宅取得資金贈与の非課税枠のスライド
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e122928.html

・三世代同居リフォームをした場合の税額免除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120885.html

・空き家譲渡の3,000万円控除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120896.html



【27年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・領収書等スキャナ保存制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117992.html

・ふるさと納税の確定申告不要制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e119720.html

・知っておきたい事業者のマイナンバー制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117200.html

・相続税の基礎控除縮小と税率引き上げ(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e112709.html

・贈与税の非課税と税率改正(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e113127.html

・子、孫への結婚・出産・育児資金の贈与1,000万円非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e116831.html

・国外転出課税制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117544.html

・財産債務調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e118350.html



【26年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・消費税改正に伴う価格の表示方法
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e107255.html

・消費税率UPの経過措置
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e106663.html

・生産性向上設備投資促進税制
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e109317.html

・ゴルフ会員権等の譲渡損の通算不可
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e110211.html

・住宅ローン控除の拡充
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e111853.html



【25年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・雇用促進税制の拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e101457.html

・交際費の限度拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105058.html

・設備投資促進減税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e104501.html

・孫等への教育資金1,500万円贈与の非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e102033.html

・国外財産調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105905.html



不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

2017年03月27日

株、投信売却損で還付




【株、投信の売却損で税金還付】

日経平均もなかなか上がり切れない状況ですが
たまらず損切りで株や証券投資信託を売却して売却損が出てしまった方は
赤字だから申告しなくてよいのではなく
その赤字を申告すると税金が還付されるケースがあります。
・もらった配当金と株等の売却損が相殺でき配当金の源泉税が還付される
・株等の赤字を申告して翌年以降に繰り越して翌年以降3年間の株等の利益や配当金と相殺して
 源泉税の還付を受けられる
など(具体例は下記アドレス)

今年赤字で使えなくても来年以降3年間で使うことができますので
赤字でも申告する有利です。

28年度の確定申告をしていない方は今からでも申告できます。
しっかり赤字を繰り越しておきましょう。


具体的な内容については下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2903.html




【29年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)
http://keiei-s.jp/radertusin2901.html

・所得拡大促進税制の拡大
http://keiei-s.jp/radertusin2902.html
 


【28年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・住宅取得資金贈与の非課税枠のスライド
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e122928.html

・三世代同居リフォームをした場合の税額免除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120885.html

・空き家譲渡の3,000万円控除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120896.html



【27年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・領収書等スキャナ保存制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117992.html

・ふるさと納税の確定申告不要制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e119720.html

・知っておきたい事業者のマイナンバー制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117200.html

・相続税の基礎控除縮小と税率引き上げ(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e112709.html

・贈与税の非課税と税率改正(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e113127.html

・子、孫への結婚・出産・育児資金の贈与1,000万円非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e116831.html

・国外転出課税制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117544.html

・財産債務調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e118350.html



【26年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・消費税改正に伴う価格の表示方法
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e107255.html

・消費税率UPの経過措置
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e106663.html

・生産性向上設備投資促進税制
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e109317.html

・ゴルフ会員権等の譲渡損の通算不可
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e110211.html

・住宅ローン控除の拡充
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e111853.html



【25年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・雇用促進税制の拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e101457.html

・交際費の限度拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105058.html

・設備投資促進減税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e104501.html

・孫等への教育資金1,500万円贈与の非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e102033.html

・国外財産調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105905.html



不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

2016年07月30日

確定拠出年金個人も可




【確定拠出型年金の加入者拡大と優遇措置】

今の公的年金(確定給付型年金)は
毎回保険料が上がる一方
もらえる年金額は下がり、受給年齢は引き上げられていきます。
相互扶助の制度ですので
今払っている保険料は自分の年金として積み立てられているのではなく
今のお年寄りの年金に充当されています。

これに対して確定拠出型年金(日本版401K)は
公的年金の上乗せ年金制度で
払った保険料が自分専用口座に積み立てられ
自分の年金として受け取れます。

今回、加入対象者が主婦や公務員などにも拡大されました。
税金上もかなり優遇されています。
・払った保険料は所得から全額控除可
・もらう年金は税金を安くする


加入者拡大は来年1月からスタートとなりますが事前に準備しておきたいですね。

具体的な拡大範囲と優遇措置については下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2808.html

確定拠出型年金については以前の記事の下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e114140.html




【28年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・三世代同居リフォームをした場合の税額免除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120885.html

・空き家譲渡の3,000万円控除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120896.html



【27年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・領収書等スキャナ保存制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117992.html

・ふるさと納税の確定申告不要制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e119720.html

・知っておきたい事業者のマイナンバー制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117200.html

・相続税の基礎控除縮小と税率引き上げ(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e112709.html

・贈与税の非課税と税率改正(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e113127.html

・子、孫への結婚・出産・育児資金の贈与1,000万円非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e116831.html

・住宅取得資金贈与の非課税枠の拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e116363.html

・所得拡大促進税制(更なる要件緩和)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e115968.html

・国外転出課税制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117544.html

・財産債務調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e118350.html



【26年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・消費税改正に伴う価格の表示方法
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e107255.html

・消費税率UPの経過措置
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e106663.html

・生産性向上設備投資促進税制
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e109317.html

・ゴルフ会員権等の譲渡損の通算不可
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e110211.html

・住宅ローン控除の拡充
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e111853.html



【25年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・雇用促進税制の拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e101457.html

・交際費の限度拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105058.html

・設備投資促進減税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e104501.html

・孫等への教育資金1,500万円贈与の非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e102033.html

・国外財産調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105905.html



不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

2016年07月01日

出産、介護の支援助成金




【出産、介護の支援助成金】

男性が育児休業を取りにくかったり、
親の介護で介護離職に追い込まれることがあります。
これらについて対応策に取り組んだ企業側に
支援助成金を支給する制度が設けられました。

男性従業員に5日以上の育児休暇を取らせた場合には最高60万円支給
介護支援のために社内アンケート・研修、相談窓口開設を行った場合には60万円支給
 (実際に介護休暇を取得することを要件としていません。)

人員確保で苦労している中小企業は
今いる社員に対してできることはしてあげたいですね。

具体的な内容等については下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2807.html




【28年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・三世代同居リフォームをした場合の税額免除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120885.html

・空き家譲渡の3,000万円控除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120896.html



【27年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・領収書等スキャナ保存制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117992.html

・ふるさと納税の確定申告不要制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e119720.html

・知っておきたい事業者のマイナンバー制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117200.html

・相続税の基礎控除縮小と税率引き上げ(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e112709.html

・贈与税の非課税と税率改正(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e113127.html

・子、孫への結婚・出産・育児資金の贈与1,000万円非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e116831.html

・住宅取得資金贈与の非課税枠の拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e116363.html

・所得拡大促進税制(更なる要件緩和)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e115968.html

・国外転出課税制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117544.html

・財産債務調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e118350.html



【26年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・消費税改正に伴う価格の表示方法
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e107255.html

・消費税率UPの経過措置
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e106663.html

・生産性向上設備投資促進税制
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e109317.html

・ゴルフ会員権等の譲渡損の通算不可
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e110211.html

・住宅ローン控除の拡充
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e111853.html



【25年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・雇用促進税制の拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e101457.html

・交際費の限度拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105058.html

・設備投資促進減税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e104501.html

・孫等への教育資金1,500万円贈与の非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e102033.html

・国外財産調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105905.html



不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

2016年05月31日

役員再任の変更登記が必要



【役員再任の時も変更登記が必要】

平成18年5月1日に会社法が施行されて、今年の4月30日で10年となりました。
この会社法では役員の任期が最長10年とされました。
平成18年5月以降に会社設立した方はこれから役員の任期満了を迎えます。
役員に変更がない場合でも、任期満了に伴い再任の変更登記が必要です。

登記を怠ると「100万円以下の過料」が科せられることになっております。

余計な経費をかけないためにも、再任の登記を忘れずにおこないましょう!

具体的な内容等については下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2806
.html





【28年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・三世代同居リフォームをした場合の税額免除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120885.html

・空き家譲渡の3,000万円控除
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e120896.html



【27年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・領収書等スキャナ保存制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117992.html

・ふるさと納税の確定申告不要制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e119720.html

・知っておきたい事業者のマイナンバー制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117200.html

・相続税の基礎控除縮小と税率引き上げ(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e112709.html

・贈与税の非課税と税率改正(27年から適用)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e113127.html

・子、孫への結婚・出産・育児資金の贈与1,000万円非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e116831.html

・住宅取得資金贈与の非課税枠の拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e116363.html

・所得拡大促進税制(更なる要件緩和)
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e115968.html

・国外転出課税制度
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e117544.html

・財産債務調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e118350.html



【26年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・消費税改正に伴う価格の表示方法
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e107255.html

・消費税率UPの経過措置
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e106663.html

・生産性向上設備投資促進税制
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e109317.html

・ゴルフ会員権等の譲渡損の通算不可
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e110211.html

・住宅ローン控除の拡充
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e111853.html



【25年度税制改正】の記事は下記をご参照ください。

・雇用促進税制の拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e101457.html

・交際費の限度拡大
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105058.html

・設備投資促進減税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e104501.html

・孫等への教育資金1,500万円贈与の非課税
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e102033.html

・国外財産調書の提出義務
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e105905.html



不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

2010年02月20日

経費の圧縮順位



確定申告期間真っ只中。
法人の2月申告も重なって忙しい時期です。
3月15日までは休みが取れそうにありません。
事業主は体が資本。お互い体調管理に気をつけましょう。


今日の午前中は建設関連のお客さまのところへ訪問してきました。

そのお客様は毎月仕事はあるのですが
売上が安いためなかなか利益が取れません。

こういう時代、
売上の伸びはなかなか難しいので
経費を圧縮し、回して行ける体質に変えていかなければなりません。

社長様は皆さん分かっているのですが
行動が伴いません。

現状を放置すると
赤字が増える一方です。

1日でも早く動く必要があります。

一つ一つ経費を見直ししていきましょう。

・固定費の中で削っても支障がないものはないか
・固定費を変動費化できるものはないか
・変動費も削れるものはないか
・変動費(外注費)でコストの安いところへ換えられないか



不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:33Comments(0)ワンポイントレッスン

2010年02月10日

利益と資金繰りの違い



昨日今日と日中は生温かい日でした。
なんだか気持悪いですね。
花粉も飛んでいるようです。花粉症の方はご注意を。


【利益と資金繰りの違い】

「勘定あって銭足らず。」という言葉があります。

今日訪問したお客様からも質問されました。

なぜ会計上で利益が出ているのにお金がないのか。

一番大きい理由は借入金の元本返済部分です。

借入利息は経費に算入できますが、
借入金の元本返済部分は経費にならないため
お金が出ても利益の圧縮になりません。

したがってお金がないのに利益が出ている形になります。

あと次のような場合も同じような状況になります。

・資産の購入をした場合

・未払金を支払った場合


利益と資金とは一致しませんので

・会計上利益が出ているかの管理と

・資金繰りが回っているかの管理を

分けてしていかなければなりません。

タイムリーな利益管理で無駄な税金を圧縮していきましょう。

そしてタイムリーな資金繰り管理で計画的な経営をしていきましょう。


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:19Comments(0)ワンポイントレッスン

2007年12月21日

無借金経営が1番なのか?

47866.jpgファミレスのスイーツにもクリスマス!
街や住宅街でも、この時期クリスマスのイルミネーションがすごいですね。
24日振替休日のクリスマスイブには、皆さん楽しい予定が入っていますか?
私も楽しい(?)仕事が入っています。...頑張ります。

今日は、「無借金経営について」書きたいと思います。
借金は、無い方が健全経営でいいのでしょうが、「自己資金がいくらた貯まったらあの機械を買おう」とか「自己資金がいくらた貯まったら事業を拡大しよう」など自己資金の中だけでやっていたのでは、事業拡大に限界があります。
一日24時間、一年365日しかないのですから。

たとえば、自己資金で機械を1台入れました。その機械で年間500万円稼ぎます。もう1台あれば年間1,000万円稼げます。でも自己資金がないので、貯まるまで買えません。
このような場合に、自己資金が貯まるのを待っていたのでは、事業拡大のスピードが落ちてしまいます。

「事業」は生き物ですから、求められるものがどんどん移り変わっていきます。一つの仕事がいつまでも通用するわけではありません。
今ニーズがあるときに、事業のスピードを上げて獲得していかなければなりません。
そんなときに、自己資金だけでは間に合いません。
銀行借入で、機械を購入し、2倍、3倍・・・の仕事をニーズのあるときに獲得し、早期に回収したお金で借り入れを返済します。
自己資金だと1倍の仕事しかできませんが、借り入れでやることにより何倍かの仕事ができるようになります。
これが、「レバレッジド効果」ですね。

借入金は、怖いという方がいますが、借り入れすること自体が怖いのではなく、借入金を支払利息以上に運用できずに借りてしまう方が私は怖いと考えます。

「金持ち父さん 貧乏父さん」の著書ロバート・キヨサキも本の中で言ってますが、借入金で貸家を買い、その賃貸料で借入金が返済でき、手元にお金が残るのであれば、何件でも借り入れで貸家を買う。と

借り入れしても、そのお金を有効活用し、返済金以上に回せるのか、借り入れする前に見えているかどうかがポイントです。
しっかりした返済計画が立てられるか検討し、行けるのであれば「レバレッジド効果」を検討してみましょう。

不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 19:09Comments(0)ワンポイントレッスン

2007年12月12日

株の非課税特例は年末売却分まで!

今年もあと半月ですね。
早すぎる。歳を取るわけですね。
仕事は、できるだけ越年しないように頑張りたいと思います。

日経平均もさっぱりしない毎日ですが、今日は、株式を売却したときの譲渡益が非課税になる特例規定が、今年の年末で切れて、来年から受けられなくなってしまいますので、この規定について書きたいと思います。


【購入額1千万円まで譲渡益非課税の特例】
この規定は、一定の期間内(A)に購入した上場株式を、一定の期間内(B)に売却した場合に、その売却した上場株式の購入金額が1千万円に達するまでのものについては、譲渡益が非課税になります。
すなわち、1千万円内で買った株が、値上がりしていくらになろうとも、その値上がり益については課税しないという太っ腹な規定です。

・一定の期間内(A)に購入とは?
平成13年11月30日から平成14年12月31日までに購入した上場株式で
・一定の期間内(B)に売却とは?
平成17年1月1日から平成19年12月31日までに売却した場合

もし、一定の期間内(A)に購入した株があり、値上がりしている場合には、年内にいったん売却して、すぐに買い戻してもよろしいと思います。
いったん売却したことによる譲渡益は、非課税になります
ので、是非この特例をご活用ください。

なお、この特例を適用する場合には、非課税である旨を税務署に申告する必要があります。

詳細について、また何か不明点がありましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:39Comments(0)ワンポイントレッスン

2007年10月15日

利益の出る体質になってますか?

また、何日か空いてしまいました。
頑張ります。

皆さんの事業体は利益の出る体質になっていますでしょうか?
利益を出すには、売上を上げるのが一番ですが、もう一つチェックしてもらいたいのが、経費です。
本当にその経費は必要だったのでしょうか。
必要のない経費や効果の薄い経費は絞ることにより利益を出すことができます。
よく聴く言葉で「減収増益」という言葉があります。
売上は下がってしまったが、利益は増えたということです。
バブル崩壊後、厳しい状況下の中、過去最高益をあげている大企業が何社かありました。
これは必要のない経費や効果の薄い経費を徹底的に絞ることにより過去最高利益を捻出したわけです。
利益をとらえるときに収入から支出を単純に引くのではなく、次のように考えます。

  売上高
ー売上原価  【変動費】
   あらり   (あら利益率○%)
ー 経 費   (人件費、家賃、水道光熱費、交際費等の【固定費】)
  純損益   (利益又は損失)

皆さんの事業体は「あら利益率」は何%ですか?
その「あらり額」で経費はまかないきれていますでしょうか。
「あらり額」で経費がまかないきれていない方は、経費の見直しが必要です。
・必要のない経費は削りましょう。
・次に効果の薄い経費を削りましょう。
必要最低限の経費に絞り、それが「あらり額」でまかないきれるか見ます。
「あらり額」で経費がまかないきれるところまで、売上を上げるように必死で働きます。
いろんな角度から売上が上がるように知恵を搾り出します。

収入から支出を単純に引くのではなく、「あらり額」がいくら取れ、「あらり額」で経費がまかないきれているか。
自分の事業体をチェックしましょう。

これが「損益分岐点売上高」の基本的な考え方です。
ちなみに「損益分岐点売上高」は次の算式で計算しますが、わからない方はお気軽にお問合せください。

損益分岐点売上高=固定費/(1−変動費/売上高)

税理士 大村勇次
http://www.e-adviser.jp/ksc/
(E-mail)ksc1@keiei-s.jp  

Posted by 大村税理士事務所 at 18:14Comments(0)ワンポイントレッスン