プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2008年01>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2008年01月28日

投資信託の解約損は株と相殺できます!

毎朝、AM6:30に自宅を出るのですが、毎日氷点下です。
寒いですね。
今週の木曜日が、月末で、「法定調書」と「償却資産税申告書」の提出期限です。皆さん、出しましたか?

【投資信託の解約損は株の譲渡益と相殺可】
サブプライムローンの影響で、世界同時株安が、証券投資信託にも影響しております。
特に株式投資信託は、大きく下がっておりますが、やむを得ない事情で解約したことにより、解約損が発生した方は、確定申告することにより、解約損が株式の譲渡益と相殺でき、株の譲渡税が安くなります。この解約損が、「みなし譲渡損」と扱われるためです。

【3年間の損失の繰越し】
「株式の譲渡益がない方」や「株式の譲渡益と相殺してもまだ解約損が残る方」は、その損失を翌年以降3年間繰り越して、翌年以降3年間の譲渡益と相殺することができます。
この3年間の繰越を受けるためには確定申告が必要です。
19年に株の譲渡益がなく、株式投資信託の解約損だけしかない方も確定申告して、解約損を翌年以降3年間に繰り越しておきます。(確定申告しないと繰越できません。)

なお、「株式投資信託の解約損」と「株式投資信託の解約益」とは相殺できませんのでご注意ください。(投資信託が益となるときは「解約」ではなく、「売却」で手続きすると解約損と相殺できます。)

解約損も有効に活用できるのですね!

不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 17:44Comments(0)活用虎の巻

2008年01月16日

【遺言の品格】

49119.jpg「親の品格」読みました。考えさせられました。
私も子供が2人いますが、
・自分の親から見た子供として、
・子供を見る親として、
・夫として、
・一社会人として、
考えさせられました。

この本の中で即実行していることが2つあります。
1.元気よく挨拶しよう。相手が挨拶を返さなくても、元気よく挨拶して自分だけ気持ちよくなっていよう。
2.できる範囲内で妻の手伝いをしよう。

【遺言の品格】
坂東眞理子さんが本の中で触れてました「遺言の品格」として、
「世話をしてくれた人には、感謝を込めて貢献に報いるように「遺言」を残しましょう。」と書いてありました。

最近、相続税の申告をお受けするときに感じるのが、財産の多寡に関係なく親族間で財産分割でもめることです。
以前はこんなにもめなかったのに、ここ数年は、不景気のせいかほとんどの相続申告でもめます。
実家を出た人にも平等に相続権が認められていますので、昔みたいに長男がほとんど相続する時代は終わったようです。
親族の分割の話し合いに呼ばれることもありますが、兄弟ですざまじい言い合いとなります。
最終的には、この相続分割を機に親族付き合いを切ってしまう兄弟もいます。
できればそんなことがないように親が生前にできることはしておくことが望ましいです。
親が生前にできることとして、代表的なものとして次の二つがあります。
1.生前贈与
2.遺言書の作成

遺言書は、残された相続人に財産分割の指針を与えることができます。
まったくないと、もめるもとです。
この遺言書には、3種類あります。
公正証書遺言(公証人役場で作成し預けます。偽造されにくい。)
秘密証書遺言(自分で作成し公証人役場で封印してもらいます。)
自筆証書遺言(自分で作成しますが、法的に無効になりやすい。)

遺言書は、何度でも作成できます。
最後に作成したものが有効となります。
残される相続人のためにも、指針は残しておきたいものです。

不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================

この本のご注文は下記をクリック↓↓↓

  

Posted by 大村税理士事務所 at 17:27Comments(0)おすすめライブラリー

2008年01月15日

21日から国税がコンビニで払えます!

今週は、寒いですね。
これが本来の季節なのでしょうが、温暖化のせいか寒さが身にしみます。

【21日から国税がコンビニで払えます!】
1月21日から国に払う税金が、コンビニでも払えるようになります。
日中銀行に行けない方は、ありがたいですね。
休日や深夜でも、コンビニで払えます。
払えるのは、バーコードのついた納付書で、金額が30万円以下の税金に限られます。

【延滞税】
納付遅れのないように気を付けましょう。
納付期限に遅れると延滞税がつきます。
延滞税は、原則14.6%(2ヶ月以内は4.4%)です。重いですね。
気を付けましょう。

不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 10:51Comments(0)法改正最新情報

2008年01月14日

給与源泉は年2回でまとめて払えます!

49076.jpg長野の善光寺に初詣に行きました。雪で寒かったです。

1月は、会計事務所にとっては、結構忙しい月です。
1月20日(今年は、21日)までにお客様の年末調整を終わらせて、「源泉税の納付書を作成」しなければなりません。(「納期の特例の特例」をとっている場合です。)
それから、1月末までに「法定調書」「償却資産税の申告書」を提出しなければなりません。

【納期の特例の特例】
この源泉税の納期の特例の特例とは、社員の給与源泉税を年2回にまとめて国に払える特例で、さらに1月の支払分を1月10日ではなく1月20日まで延長できる特例です。

本来、社員の給与の源泉税は、毎月、給与支払の翌月10日まで社員に代わって、事業者がまとめて払うのですが、税務署に届出をすれば、毎月払いを年2回にまとめて払うことができます。
・1〜6月までの源泉税を7月10日まで
・7〜12月までの源泉税を1月10日まで

さらに、税務署に「納期の特例の特例」の届出をすれば、1月10日の支払期限を20日まで延期することができます。

毎月払う源泉税を内部にプールして、年2回にまとめて払えるため、支払手続きの回数が減り、また一時的に資金として使えるため便利です。
ただ、使った後、必ずプールしておかないと支払時が大変です。
是非受けたい方は、税務署に届出をしましょう。

不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 17:43Comments(0)現場生レポート

2008年01月04日

今日から還付申告できます!

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
官公庁も4日今日から仕事始め。私も今日から仕事してます。
お互い今年も頑張りましょう。

【今日から還付申告できます!】
個人の19年分確定申告は今年の2月16日から3月15日(今年は3月17日)までに税務署に提出しますが、還付申告の方は、4日から提出することができます。
早く提出すれば早く税金の還付を受けることができます。


【こんな方は還付申告できます】
・昨年脱サラして、個人事業を開業した方で個人事業が赤字の方
(給与所得や退職所得と事業所得を相殺して、給与源泉税や退職金源泉税の還付が受けられます。)
・昨年脱サラして、個人事業は今年に入ってから開業の方
(給与所得について年末調整していないため給与源泉税の還付が受けられます。)
・個人事業者で7月又は11月に予定納税をしている方で、19年分の税金があまりでそうにない方
(予定納税額が年税額を超える場合には予定納税額の還付が受けられます。)
・昨年の医療費合計(家族全体)が10万円又は所得の5%を超える方
(医療費控除で還付が受けられます。)
・住宅ローン控除を受ける方
・住民税の住宅ローン控除を受ける方
・株とか出資の配当金を受け、他の所得が赤字かあまりない方
(確定申告することで配当金の源泉税の還付を受けることができます。)

不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 11:48Comments(0)知って得する税知識