プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2010年06>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2010年06月30日

税と年金等の共通番号の怖さ

日経新聞29日夕刊より

サッカー日本代表残念でしたね。
最高視聴率が6割を超えていたとのことですが
先程ラジオで「4割の人は何をしていたのか疑う」というコメントがありました。
私です。私は最後まで見れませんでした。


【共通番号制度】

昨日のニュースで共通番号制度についての報道がありました。

税金と年金と公的サービスの番号の一元化の問題です。


今税金の世界では住基ネット番号(住民基本台帳番号)が使われ始めております。

確定申告を電子申告する場合に住基カードで住基ネット番号を添付すると
税金が5,000円安くなる電子申告控除が行われております。

徐々に住基ネット番号で税金が把握されるようになってくるものと考えております。

税金と年金は共通番号でもよろしいかと考えますが
その他の公的サービスや国民の行動までもが
すべて共通番号がないとできないような世の中では
国民が国にすべて管理され、プライバシーもありません。

韓国では預金口座を開設するにも納税者番号が必要とのこと。

国民が共通番号にどこまで載せるか選択できる制度を期待します。


納税者番号制度の関連記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E7%B4%8D%E7%A8%8E%E8%80%85%E7%95%AA%E5%8F%B7

5千円控除、電子申告に関する記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E7%94%B3%E5%91%8A


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:08Comments(0)現場生レポート

2010年06月26日

メタボで医療費控除できます



今日年1回の健康診断に行ってきました。

皆さんも健康診断してますか。

事業主は体が資本ですので
年に2回ぐらいは行きたいところですが
時間の関係で年1回となっています。

バリュームを飲んだので
今日1日トイレと仲良しです。

ウエストの検査で83.5センチで
メタボ検診セーフです。

良かった良かった。

6月の頭からお酒と食事を抑えてきました。

頑張った成果が出たということで
今日からおいしいお酒が飲めそうです。

最近風邪をひいている方も多いようですが、
健康管理に気をつけて
またバリバリ働きましょう。

メタボ検診で継続指導・治療となった場合には医療費控除の対象になります。
詳しい内容は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%9C


人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 13:58Comments(0)知って得する税知識

2010年06月24日

証券非課税口座で景気浮揚?



今日は1日税理士会の研修に参加してきました。
研修の内容は22年度税制改正についてです。
税制からも景気浮揚となるような一手が欲しいですね。


【証券非課税口座で景気浮揚?】

証券市場は今日もあまり変わらずで1万円を下ったままです。

この証券市場を活性化させる手立てが欲しいものです。

証券市場の上下は
経営者のマインドも上下させます。

今年の税制改正で
証券会社の非課税口座の規定ができております。

24年から26年までの3年間だけですが
毎年、新規投資資金で100万円までの購入有価証券について
10年間に発生した配当金と譲渡益については非課税とするものです。

毎年100万円を3年間ですので
計300万円まで使えます。

ただ300万円では
ほとんど効果はないのではないかと考えます。

10年間、金額制限なく非課税にする!
ぐらいの税制改正が欲しいですね。


有価証券の関連記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E8%AD%B2%E6%B8%A1%E7%9B%8A%E3%80%80%E6%A0%AA


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 17:25Comments(0)法改正最新情報

2010年06月19日

会議費と交際費の違い



蒸し暑い日が続きます。
梅雨を飛び越してまるで夏が来てしまったようです。
夜、布団を蹴って風邪をひかないようにお互い気をつけましょう。


【会議費と交際費の違い】

会議費なるのか交際費になるのかにより、
税務上、取り扱いが変わってしまうケースがあります。
従って区分をしっかりしなければなりません。

(個人事業者の場合)

会議費であろうと交際費であろうとどちらでも全額損金に算入できます。

(法人の場合)

・会議費は全額損金に算入できます。

・交際費は600万円以下の交際費は9割だけ損金に算入できます。
(1割は損金に算入できません。)

従ってできるだけ会議費に持っていきたいところです。

それではどこまでが会議費として扱えるのでしょうか。

税務上の会議費は「通常会議を行う場所で、
会議としての実態を備えた会議に関する費用で、
通常供与される飲食の程度を超えない費用」とされています。

お酒が入った場合には交際費といわれるケースもありますが、
食前酒のようなお茶代わり程度のものであれば問題ないとされております。

平成18年の改正により
交際費の飲食接待代で5千円以下のものは
全額損金に算入できることになったことで、
交際費だけではなく、会議費、福利厚生費等も
税務調査で厳しくチェックされるようになりました。

否認されないように
領収書等に誰とどういう用件で行ったのか
書いておくといいですね。

交際費の関連記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E4%BA%A4%E9%9A%9B%E8%B2%BB

交際費の損金算入の詳しい内容は下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2109.html


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 15:38Comments(0)知って得する税知識

2010年06月14日

中間納付は減額できます!



昨年度税金を多額に納めた方で
今年度は売上が伸びなくて利益が出てない方は
中間納付額の減額ができます。

(個人の場合)
個人事業者は昨年の税額が15万円以上となっている場合には
本年の7月と11月に昨年の税額の1/3ずつを支払わなければなりません。

この支払のことを予定納税といいますが、
今年赤字でも何も手続きしないと支払い義務は消えません。

納期限を過ぎますと前払い税額なのに延滞税がかかります。

(法人の場合)
法人の場合には前年度の税額が20万円超となっている方は
半期を過ぎたときに前年度税額の1/2を納めなければなりません。


個人も法人も何も手続きをしないと
本年赤字であってもこれらの中間納付をしなければなりません。

これらの中間納付額は確定申告で精算されて
確定納付額の方が少ない場合には還付されますが
事業資金が厳しい最中、確定申告時まで待ってられません。

そんな時は中間納付額の減額申請ができます。

(個人の場合)
6月15日に予定納税額の通知がきますが
7月と11月の納付額の減額申請ができます。
7月15日までに申請が必要です。

(法人の場合)
半期を過ぎると中間申告書が届きますが
記載された金額を払うのではなく
半期で仮決算を組み申告をして
中間申告税額の減額をします。

運転資金の改善のためにも対象となる方は是非ご検討下さい。

予定納税の減額申請の詳しい記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E4%BA%88%E5%AE%9A%E7%B4%8D%E7%A8%8E%E3%80%80%E6%B8%9B%E9%A1%8D%E7%94%B3%E8%AB%8B


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:33Comments(0)知って得する税知識

2010年06月10日

法人設立で税負担の軽減を



明日、先週会社を設立したお客様が来社します。

業種は不動産賃貸業です。

当初個人でマンションを購入し
不動産賃貸をしておりましたが
勤務先からの給与とマンションの不動産所得が合算され
総合課税され税負担が重くなったため
節税を兼ねて法人を設立しました。

不動産管理会社として設立し、
奥様に社長になってもらうことで
ご主人に集中する所得を奥様に分散させます。

次の物件以降は法人の方で取得していきます。

賃貸料収入が法人に入ることで
個人に所得が集中することによる税負担を軽減させる事ができます。

個人の総合課税は
所得が増えることにより適用される税率が上がって
税負担が重くなります。(超過累進税率)

使えるものは有効に活用したいですね。

法人設立の関連記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E6%B3%95%E4%BA%BA%E8%A8%AD%E7%AB%8B


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:58Comments(0)会社を作ろう!

2010年06月08日

消費税還付で調査です



今日は午前中、税理士会の2カ月に1回の定例会に出席してきました。
税務署からの連絡と税理士会からの連絡があります。

税務署からの連絡事項の中で
消費税の還付についての連絡がありました。

消費税の還付額が多額の場合には
還付申告をしてもいきなり還付はされず、
実態調査が行われ、調査の結果還付されることになります。

消費税は、売上に係る預かり消費税額から
仕入れや経費の支払い消費税を差し引いて
預かりすぎの差額を国に納付する仕組みです。

その年度に固定資産を購入した場合には
多額の消費税を支払うため
支払い消費税が預かり消費税を超えて
逆に差額の還付を受けることができます。

しかし、多額の還付のときは調査の結果ということになります。

還付金は欲しいが、税務調査は受けたくない。
誰もが思うことです。

話の中で、消費税の還付調査をしていて
法人税法上おかしな事項を発見した場合には
法人税の調査へ移らせていただくとのこと。

また、会計事務所が作成する33条の2の書面(書面添付制度)が
還付申告書に添付されている場合には
客先での税務調査ではなく
税務署での事前意見聴取、資料提出で
終了するように努力するとのこと。

税務調査はないに越したことはありません。

お互い時間を前向きの業務に使用したいですね。


「税務調査」の関連記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E7%A8%8E%E5%8B%99%E8%AA%BF%E6%9F%BB


「消費税還付」の関連記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E%E9%82%84%E4%BB%98


「書面添付制度」の関連記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E6%9B%B8%E9%9D%A2%E6%B7%BB%E4%BB%98%E5%88%B6%E5%BA%A6


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 13:34Comments(0)知って得する税知識

2010年06月06日

パナソニックの【経営の王道】に学ぶ




事務所をかたずけていたら
昔買ったカセットテープが出てきました。

買ったときは聞かずにしまいこんでしまっておりました。

そのテープを聞いて感動して涙が出ました。
もっと早く聞いておくべきでした。

そのテープは
PHP研究所の「経営の王道」ー松下幸之助に学んだことー。

ゼロからスタートした松下幸之助氏は「人間を大事にする」ことが
経営の原点にあった。

テープの中で次のような話が出てきました。

・松下電器は当時銀行一行主義で他行とはお付き合いをしなかった。
ある銀行の行員がどうしても松下電器と取引したくて2年間受付に名刺を置いて行った。
その話が松下氏に伝わり、会えることになり、その行員は役員とともに
松下電器を訪問し、帰るときに
松下氏が道路まで出てきてくれて、車が見えなくなるまで見送ってくれた。

・ある大学の先生が新大阪駅で東京行の新幹線のホームで松下氏に会い
名古屋に向かう旨を伝え、お互い別れて違う車両の席に着いた。
名古屋で降りると東京へ向かう松下氏がホームへ降りて挨拶してくれた。

・ある中小企業の社長が新幹線で同じ車両に乗り合わせた松下氏に
どうしても挨拶したいために、みかんをあげたところ
すぐに食べてくれて、松下氏が先に降りるときに丁寧にお礼の挨拶して
降りたホームでその社長を見えなくなるまで見送ってくれた。


どの話も涙が出ました。

松下氏は人を大切にし、
お客づくりをする前に、相手がどうすれば幸せなのかを考えた。


商品を売ることを第一に考えるのではなく
相手にとって何が幸せなのかを常に考えることが
会社の力になり
経営の原点であることを再度考えさせられました。

お客様に対しても、仕入先に対しても、社員に対しても
誰に対しても言えることだと思いました。



不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:19Comments(0)おすすめライブラリー

2010年06月05日

個人事業税の確認TELあり



今日は暑くなりそうですね。
本日1日内勤です。
労働保険申告書の作成をしようと考えています。
申告納付が今年から7月12日までに延びましたので助かります。
昨年までは5月20日までで忙しい時期で大変でした。
皆さんも忘れずに早目にやりましょう。


【事業税の確認TELあり】

昨年個人事業を始めて確定申告した方は
21年分の所得に対して
所得税のほか、住民税とあと事業税が課税されます。

事業税は業種によって税率が異なるため
この時期に、都税・県税事務所から業種の問い合わせの電話があります。

事業税は業種によって所得の3~5%の課税がされます。

確定申告をした方は
その写しが都税・県税事務所に回っていますので
その申告に基づいて連絡があります。

事業税の納期は
8月と11月の2期に分けて払えます。

21年結構利益が出た方は
納税財源の確保が必要です。

お忘れなく!



不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 08:21Comments(0)現場生レポート