プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2010年08>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2010年08月27日

「灼熱アジア」第1回タイに衝撃


タイのバンコク


今日はお客様を2件訪問してきました。
移動中はこの暑さで汗ぐっちょりです。
汗をかいてやせる分と
ビールを飲んでついた脂肪の分とで差引ゼロでしょうか。


【NHKスペシャル「灼熱アジア」第1回タイに衝撃】

今週の日曜日にNHKスペシャル「灼熱アジア」第1回タイ”脱日入亜”日本企業の試練を
見ました。

放送の内容に衝撃を受けました。

今やタイは人件費が安いだけの世界の工場ではなく
日本に劣らない技術力を身につけ
中国、インド、韓国とFTA(自由貿易協定)を締結した
輸出入の拠点となっています。

FTAを結んでいない日本は関税分だけコスト増になります。

他のアジア諸国に対抗するには
日本企業もタイで生産し、タイから輸出するしかありません。

番組の中でタイの企業が日本の金型会社をM&Aで買収し
さらなる技術習得を図っているという事例がありました。

日本側が優位に進めるのではなく
タイ企業の一部門としてしか生きられない姿が
そこにはありました。

どんどん日本が世界から取り残されています。

民主党の代表を争っている場合ではありません。

FTAにしろ、空港の国際化による料金の自由化にしろ
日本は役人のくだらない規制に縛られて
世界から取り残されてしまいます。

企業が世界で戦えるよう規制の撤廃を望みます。

29日の「灼熱アジア」第2回は中東、砂漠の富の争奪戦です。
今から楽しみです。

「灼熱アジア」第2回についてのコメントは下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e75905.html


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 17:37Comments(0)現場生レポート