プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2010年08>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2010年08月30日

「灼熱アジア」第2回中東の変化




昨日のNHKスペシャル「灼熱アジア」第2回”中東 砂漠の富の争奪戦”を
見ました。

今まで石油に頼っていた中東が石油の枯渇に備えて
太陽光発電などのクリーンエネルギーに
巨大な投資を行っている。

太陽光発電だけで電力をまかなう新エネルギー都市を建設したアブダビ。

液化天然ガスで一機に世界の主導権を握ったカタール。


その投資に世界の巨大企業が群がってる。

日本の千代田化工建設も参画している内容が紹介させていた。

それは一括受注ではなく、分業による一部分の受注の姿だった。

他国との分業による
コスト削減、納期順守に苦悩する姿が紹介されていた。

それでも日本国内だけでやっていたのでは
仕事がないため
世界に出て戦っていかなければならない。


中東では太陽光発電による電力を
アフリカやヨーロッパへ輸出しようとしている。

脱石油に向けて着々と進めている。


技術があって、技術を輸出している日本にも
国内でやれることがあるのでなないのか。

アブダビが建設した新エネルギー都市は
日本でも特別区として建設することができるのではないか。

海外で戦っている企業が
日本でも仕事ができる環境作りが
いま日本に求められているのではないのか。


次回の「灼熱アジア」第3回の”黄金のインドネシア・イスラムマネーを狙え”も
楽しみです。


「灼熱アジア」第1回の”タイ「脱日入亜」日本企業の試練”の記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e75827.html


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 15:50Comments(0)現場生レポート

2010年08月27日

「灼熱アジア」第1回タイに衝撃


タイのバンコク


今日はお客様を2件訪問してきました。
移動中はこの暑さで汗ぐっちょりです。
汗をかいてやせる分と
ビールを飲んでついた脂肪の分とで差引ゼロでしょうか。


【NHKスペシャル「灼熱アジア」第1回タイに衝撃】

今週の日曜日にNHKスペシャル「灼熱アジア」第1回タイ”脱日入亜”日本企業の試練を
見ました。

放送の内容に衝撃を受けました。

今やタイは人件費が安いだけの世界の工場ではなく
日本に劣らない技術力を身につけ
中国、インド、韓国とFTA(自由貿易協定)を締結した
輸出入の拠点となっています。

FTAを結んでいない日本は関税分だけコスト増になります。

他のアジア諸国に対抗するには
日本企業もタイで生産し、タイから輸出するしかありません。

番組の中でタイの企業が日本の金型会社をM&Aで買収し
さらなる技術習得を図っているという事例がありました。

日本側が優位に進めるのではなく
タイ企業の一部門としてしか生きられない姿が
そこにはありました。

どんどん日本が世界から取り残されています。

民主党の代表を争っている場合ではありません。

FTAにしろ、空港の国際化による料金の自由化にしろ
日本は役人のくだらない規制に縛られて
世界から取り残されてしまいます。

企業が世界で戦えるよう規制の撤廃を望みます。

29日の「灼熱アジア」第2回は中東、砂漠の富の争奪戦です。
今から楽しみです。

「灼熱アジア」第2回についてのコメントは下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e75905.html


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 17:37Comments(0)現場生レポート

2010年08月24日

借金が多い場合の放棄



巨人東京ドームで3連勝。首位の阪神とゲーム差なしです。
応援した甲斐がありました。
今日から中日との3連戦。
3連勝で首位奪還を願います。


【借金が多い場合の相続放棄】

親の死亡により、親の財産を取得することになりますが
財産だけではなく、借金も引き継ぐことになります。

借金の方が多い場合は
親に代わって自腹で返済していかなければなりません。

このように財産より借金が多い場合は
相続放棄」により借金を引き継がなくすることもできます。

ただし「相続放棄」をした場合には
借金の放棄だけではなく、財産も放棄することになるため
財産だけもらうということができません。


どうしても引き継ぎたい財産がある場合には
取得する財産の範囲内で借金を引き継ぐ
限定承認」という方法があります。


「相続放棄」も「限定承認」も相続の開始があったことを知った日から
3か月以内に家庭裁判所に申し出なければなりません。



3か月過ぎてしまうと財産と一緒に借金も引き継ぐことになってしまいます。


3か月はあっという間に過ぎてしまいます。
後手にならないように、相続が発生したら早目に財産の把握をして行きましょう。


相続に関連する記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E7%9B%B8%E7%B6%9A


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 17:59Comments(0)現場生レポート

2010年08月19日

黒字企業は調査になりやすい?



プロ野球が熱いですね。
私は巨人ファンですが、首位の阪神と2ゲーム差です。
今週末東京ドームに行きます。
この3連戦で首位奪還することを願っています。


【黒字企業は税務調査になりやすい?】

税務調査はないに越したことはありません。

会社を設立すると
3年目とか、5年目によく税務調査があります


実務では前3年間が調査対象になりますので
3年目や5年目はちょうど調査するには良い年度なのかもしれません。

また赤字会社より黒字会社の方が調査になりやすいです

それは税務署職員も週休2日で平日5日間で効率よく調査をして
実績を出さなければなりませんので
税金が出ない赤字会社を調査しても非効率ということになります。

まして今は全体の7割が赤字会社ですので
どうしても残り3割の黒字会社に調査が集中するのは
仕方ないことですね。

融資を受けたいなどの関係で
黒字にしておきたいところですが
上記のような事実がありますのでご注意ください。


税務調査の関連記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E7%A8%8E%E5%8B%99%E8%AA%BF%E6%9F%BB


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:56Comments(0)現場生レポート

2010年08月17日

自宅で会社設立した場合の家賃は



連日暑いですね。
外出時は溶けてしまいそうです。
冷房の効いている部屋で早く晩酌したいですね。
経営者は体が資本ですのでお互い体調管理に気をつけましょう。


【自宅で会社設立した場合の家賃は】

自宅や今住んでいるアパートの住所で
会社を設立した場合の家賃の設定ですが
本来であれば使用しているスペースに応じて
近隣相場に比して適正な家賃を会社からもらわなければなりません。

また家賃のほか水道光熱費も
使用に応じて会社からもらうべきです。

会社側は払った金額は経費で落とせます。

もらった個人側は
原則として不動産所得として確定申告が必要です。

ただし、給与以外の不動産所得等の金額(利益)が
年20万円以下である場合には確定申告が不要とされております。

会社から家賃や水道光熱費は
本来もらうべきところですが
会社の方に資金がない場合には払えません。

税法では支払いがなくても課税上問題ないとされています。
(個人側は対価課税で、法人側は支払家賃/受贈益のため)

会社からの家賃等は事業年度の途中でも変更できますので
役員報酬のように中途で変更しずらい科目に比べて
使えますので柔軟に活用しましょう。


役員報酬の関連記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E5%BD%B9%E5%93%A1%E5%A0%B1%E9%85%AC


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:14Comments(0)会社を作ろう!

2010年08月14日

販売商品を自家消費した場合の注意点



今日は仕事です。
午後に弥生会計ソフトの操作セミナーをやります。
毎月開催しておりますが、
少人数制が良いのかよく申し込みをいただいております。


【販売用商品を自家消費した場合の注意点】

自分が扱っている商品を
私用で使ったり、消費したりした場合には
その分事業用商品が減ってしまい
仕入原価だけが経費に落ちてしまうという片手落ちとなってしまいます。

そこで税法では
商品を自家消費した場合には
一定の金額を売上に計上しなければならないこととなっております。

その一定の金額とは
・仕入原価と
・販売価格の70%の
いずれか多い金額とされています。

自家消費した場合には
お金がはってきていないため
処理を忘れがちですが
税務調査のときに指摘されて
追加計上して罰金を払うのは馬鹿らしいので
最初から計上しておきましょう。

実際にお金も事業用口座に移動しておくとよいでしょう。


なお見切り品のように通常の販売価格では売れない商品を
自家消費した場合には
実際の販売価格も販売価格の70%を
下るケースもあるため
その実際の販売価格相当額を
自家消費による売上高として計上しておけば
問題ありません。


税務調査の関連記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E7%A8%8E%E5%8B%99%E8%AA%BF%E6%9F%BB


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 09:00Comments(0)現場生レポート

2010年08月11日

会社で掛ける生命保険



家族旅行でカルフォルニアディズニーの「World of Color」を
見てきました。
ウォーターショーで面白かったですが
見た位置の角度が悪くてはっきり見えませんでした。
DVD出ないかな?


【会社で掛ける生命保険】

個人で生命保険に加入した場合には
どんなに保険料を払っても
確定申告のときに生命保険料控除として
一般の保険では5万円しか控除してもらえません。

そこで会社が契約者で
役員や社員を被保険者として
生命保険に加入した場合には
掛け捨て保険であれば全額経費に算入できます。

法人を持っている方は
法人で生命保険に加入しましょう。

ただし保険の種類が
終身保険や養老保険を会社で掛けた場合には
会社が払った保険料は保険積立金として
資産計上され経費には算入できません。

また保険金受取人が
会社ではなく、役員や社員ですと
会社が払った保険料は給与として扱われ
源泉税の対象になりますので注意が必要です。


どうせ掛けるなら税制上有利になるように掛けたいですね。


生命保険の関連記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E7%94%9F%E5%91%BD%E4%BF%9D%E9%99%BA


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:55Comments(0)保険の知識

2010年08月02日

同族会社の社員旅行は経費?



明日からお休みをいただいて
家族旅行に行ってきます。
家族旅行ですので経費には落としませんよ。


【同族会社の社員旅行は経費になるのか?】

自分が経営する会社で
社員旅行へ行った場合に
その旅費は福利厚生費として経費として落とせるのか。心配なところです。

実務では次のような要件がります。

・旅行に要する期間が4泊5日以内であること。
(海外旅行は4泊6日以内)

・参加する従業員の数が全社員の50%以上であること。

・会社負担額が10万円以内であること。



福利厚生費というからには
全社員を対象にしなければなりません。

気に入った社員だけとか、優秀社員だけとかでは
福利厚生費として経費に落とせません。

特定の社員だけ対象にした場合には
その社員に対する個人的な給与として給与課税の対象になります。

また不参加者に旅費相当額を金銭で支給した場合も
個人的な給与として給与課税の対象になります。

会社としては給与でも経費ですから良いのですが
もらった社員は給与課税されるので
会社側で源泉徴収する必要が出てきます。

税務調査のときに指摘されないように
事前に確認しながら実施したいですね。

特に家族従業員しかいない場合の社員旅行は
経費に落とせないケースも出てきますので
要件をしっかり守り社会通念上の範囲内で注意して実施したいですね。


福利厚生費の関連記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E7%A6%8F%E5%88%A9%E5%8E%9A%E7%94%9F%E8%B2%BB


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 15:29Comments(0)現場生レポート