プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2010年09>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2010年09月29日

融資が出やすい決算書作り



本日は午前に運送業のお客様と
午後に農業法人のお客様のところへ訪問してきます。

運送業界はりーマンショック以降
運送費の削減の直撃を受けておりまして
売上がリーマンショック前の8割までしか
戻れていません。

なかなか差別化が難しい業界で
価格勝負になりやすい業界です。

クレーン付きのトラックを持っているとか
積み降ろしのサポートができるとか
倉庫を持っていて在庫管理ができるとか
同業他社との差別化を出していかなければなりません。

売上を最大限に上げるのはもちろんのこと
今の8割の売上で会社を回して行けるように
コスト削減をして行かなければなりません。

毎期赤字の決算書では
銀行の融資がおりません。

赤字の決算書にしないためにも
削れる費用はゼロベースで見直しを掛けます。

また社長や親族給与も
計上だけして未払いのままですと
赤字と未払金が膨らむだけです。

未払い給与やオーナー一族からの借入金があるときは
給与はカットし
未払金や借入金の返済に切り替えます。

そうしますとオーナー一族に払う金額は変えずに、
赤字だけ減らすことができます。

融資が出やすい決算書作りが必要です。


融資に関連する記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E8%9E%8D%E8%B3%87


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 08:26Comments(0)現場生レポート

2010年09月25日

この時期に利益を出す企業



いっきに涼しくなりました。
昨日は朝起きたら喉が痛かったですが
事業主は風邪などひいていられません。
事業主は体が資本。お互い気をつけましょう。


今日も午前中1件決算報告でお客様のところへ訪問してきます。

今日訪問するお客様は不動産業者です。

居住用物件を競売で取得し
リフォームして転売する業者です。

今は住宅金融公庫のゆとり返済で自宅を買った方が
5年目を迎えており、5年目にいきなり返済額が増えることで
返済ができず、自宅を競売にかけられる方が増えております。

悪いシステムを提供した方も問題ですが
ぎりぎりで組んで、乗っかってしまった方にも問題はあります。

この競売を扱う不動産業界は
今凄まじく利益を出しています。

しかし簡単な仕事ではなく
競売で落とした物件にはまだ住人が住んでおり
退去いただくのにとても大変な思いをしております。

楽に稼げる仕事はありません。

同じ業種でも時代の流れに応じて
中身の業務も変えていかなければなりません。

時代の変化に対応できたところが
生き残っていきます。

過去の実績に縛りつくことなく、
変化に対応していきたいですね。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 08:10Comments(0)現場生レポート

2010年09月22日

貸倒れから会社を守ろう!



昨日今日と暑いですね。
明日から少し暑さが和らぐようですが
今日1日もう少し頑張りましょう。
夜のビールが美味しくなりそうです。


【貸し倒れから会社を守ろう!】

売上は少しでも多く上げたいところですが
回収できない売上をあげても仕方がありません。

特に商品の販売や外注を使った仕事は
仕入れ等の支払いがありますので
貸し倒れになると自腹になってしまいます。

貸し倒れにしないためにも
・頻繁に連絡を取ったり、
・画一的に請求書の再送付をしたり、
・実際に回収に行ったりと
何日たったら何をするという一定のルールを作って、
画一的に回収の行動をとることをお勧めします。


また支払いが遅れた実績があるお客様等には
現金取引や前金制での取引をお願いして行きます。

支払いが遅れ気味や回収に不安がるお客様については
与信限度額の設定をしておくとよいでしょう。

与信限度額は取引できる目安の金額ですが
「得意先資本金の3割法」「月商の1割法」などがあります。

一定の目安を決めておくとよいでしょう。

売上は回収できて初めて売上であることを、社員含めて再確認しましょう。


売掛金回収、貸し倒れに関連する記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E8%B2%B8%E5%80%92


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 15:50Comments(0)現場生レポート

2010年09月20日

「アフターサービス」の大切さ



3連休の最終日。
私は仕事をしてますが、
家族に悪いので
今日は近くの焼き肉店が食べ放題キャンペーンをしてますので
家族サービスで連れて行きたいと思います。


【「アフターサービス」の大切さ】

殺伐とした現代において
お客様は感動に飢えております。

皆さんも予想以上、期待以上のことをしてもらうと
とても感動して
「次もこのお店で買おう。」なんて思ってしまいますよね。

特にお客様が期待しているのは
「アフターサービス」です。

売ったら終わり。
サービスを提供したら終わり。では
お客様は満足、感動してくれません。

常にお客様をバックでフォローしています。という
態度が必要です。

一度買ってくれたお客様に
定期的にお手紙を出していく。

たまに顔を出しに行く。

「アフターサービス」に力を入れることにより
継続、リピーターの仕組みを作ることができます。

24時間バックアップ体制など
同業他社がやってないアフターサービスの提供を考えてみましょう。


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 08:59Comments(0)現場生レポート

2010年09月18日

事業主の労災保険は



今日は朝から気持ちよく晴れています。
この飛び石連休も仕事になります。
人によっては9連休の方もいるようですが・・・。
ねたんでもしょうがないので
仕事します。


【事業主の労災保険は】

労災保険は
「労働者」の業務上又は通勤時の傷害や死亡等について
補償する保険です。

仕事をする上では加入しておきたい保険です。

しかし保険の加入対象者は
「労働者」とされているため
個人事業主、家族従業員や法人の代表者、役員は
加入対象者にはなれません。


そこで設けられているのが
「労働保険事務組合」です。

「労働保険事務組合」とは
厚生労働大臣の認可を受けた中小事業主等の団体で
事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務処理を行う団体です。

この組合に事業主等が加入することにより
万一の場合での補償を受けることができます。

仕事をする上で、けがをした時の医療費の原資や
家族のためにも検討したいですね。


保険に関連する記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E4%BF%9D%E9%99%BA


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 08:05Comments(0)保険の知識

2010年09月15日

既存顧客の深堀りの時代へ



朝、雨が降ったおかげで
今日1日過ごしやすかったです。

午後に青色申告会の税務相談担当で行ってきました。
社会貢献です。


【既存顧客の深堀りの時代へ】

右肩上がりの時代は
新規顧客の拡大だけに力を入れていれば
どんどん売上が伸びたのですが

モノ余りで、消費が停滞している時代は
既存顧客に再購入を促すことにも力を入れなければいけません。

・当社で継続的なリピート購入をしてもらうための絆づくり

・既存顧客のニーズの確認、掘り起こし

・価格以上の感動する商品、サービスの提供



今やイノベーションの時代からマーケティングの時代へ
変わる中、力の比重を変えていかなければいけません。


お客様との絆を太くするために
まずはサービスが行き届いていないところの確認からして行きたいですね。


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 17:16Comments(0)現場生レポート

2010年09月14日

善光寺のお戒壇めぐり



土曜日に同業者の集まりで長野に行ってきました。

1年に1回ぐらい行っておりますが、
行った時には善光寺に参拝してきます。

今回も長野駅から歩いて行ってきました。

今回初めて「ご戒壇めぐり」(上記写真)をしてきました。

ご戒壇めぐりとは
善光寺のご本尊が安置されている瑠璃壇の間の下に部屋があり、
その部屋を口の字型に囲むように作られた暗黒の回廊をめぐるものです。

本当に真っ暗で何も見えません。

壁に手をついて進んでいきますが
前が全く見えないため前の人に何度もぶつかりました。

全長約45メートルの真っ暗な回廊をすり足で
ゆっくり進んでいきます。

途中にあるご本尊の下にある極楽の錠前に触れることができれば
極楽浄土行きが約束されると言われているそうです。

とりあえず触れました。


暗黒の状況は
心寂しく、とても不安になります。

前後で声が聞こえる安心感と
前の人にぶつかることにより、
進む方向が間違っていないことが確認できる安心感がありました。

人間は支え合いながら生きているんだなと
とても感じられた瞬間でした。

人と人とのご縁を大切にしなければいけないとつくづく感じた旅になりました。


========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:32Comments(0)現場生レポート

2010年09月10日

個人資産の法人引継ぎに注意!



昨日今日と暑さが和らんで
過ごしやすくなりましたね。
季節の変わり目。体調を崩さないように気をつけましょう。


【個人事業用資産の法人引継ぎに注意!】

個人事業でスタートして、
その後法人を設立し、事業を法人に引き継いだ場合に
個人時代に使用していた事業用資産も
法人に引き継ぎますが
この場合、通常個人から法人への事業用資産の譲渡として扱われます。

個人側では
・資産の譲渡ですので譲渡所得の申告が必要です。
簿価での売買であれば譲渡所得ゼロで申告は不要ですが、
簿価以上で車両やパソコン等の備品を引き継いだ場合には
譲渡所得が発生します。
(譲渡益が50万円以下であれば非課税です。)

・また個人時代に消費税の課税対象者の方は
資産の移転について消費税が課税されますので
資産の移転年度の消費税納付額がその分増加してしまいます。


法人側では
・資産を取得した価額で資産計上しますが
資産の譲渡について、法人から個人に売買金額の支払いを
していない場合には社長からの借り入れとして処理します。


個人と法人は別人格ですので両者間の取引には注意しましょう。


法人設立時の注意事項の記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E6%B3%95%E4%BA%BA%E8%A8%AD%E7%AB%8B


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 08:42Comments(0)会社を作ろう!

2010年09月08日

事業主が掛けるべき保険



事業主が掛けるべき生命保険は
リスクヘッジのための「定期保険」(掛け捨て保険)です。

万が一の時に
借入の残債や買掛・未払いの支払いが
完済できるぐらいの保証が最低でも必要です。

また遺族の生活費保障としての
部分も必要です。


定期保険を掛けたときは

・個人事業主の場合は
確定申告時に生命保険料控除として最高5万円控除されます。

・法人事業主の場合は
基本的には損金として支払金額が全額経費となります。

ただし保険金受取人を法人ではなく
自分の遺族にした場合には
役員報酬として扱われ
会社側では源泉徴収義務が発生し
事業主側では給与課税されます。

ご注意ください。


生命保険の関連記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E7%94%9F%E5%91%BD%E4%BF%9D%E9%99%BA


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 15:06Comments(0)保険の知識

2010年09月07日

事業者は保険が必要

先週の金曜日にお客様の会社社長が亡くなりました。

昨日通夜に参列しました。

まだ38歳でした。

早すぎる死に残念でなりません。

謹んでお悔やみ申し上げます。


個人事業者のときに
当事務所のお客様の紹介で
確定申告をさせていただき
その後法人成りして、やっと3年がたつところでした。

会社の経理をしている残された奥様の力になれるよう
最善を尽くしたいと考えております。

銀行からの借り入れもあり
社員も抱えております。

事業主は遺族のことも考えて
借入や債務が完済できるぐらいの保険加入が必要です。

  
タグ :生命保険

Posted by 大村税理士事務所 at 16:50Comments(0)保険の知識

2010年09月04日

残暑に負けずに頑張りましょう!



今日は午前中1件お客様のところへ訪問してきました。

建設関連のお客様で
8月は学校などの耐震工事が集中的にあって
とても忙しかったとのこと。

忙しい時期は仕事が重なってしまい
自社で処理できない分は外注にお願いするため
支払いもかさみます。

また逆に暇な時期は
営業しても現場がないことがあります。

仕事って面白いもので
来るときは重なってきますね。

手一杯で処理できず
断ることがないよう外注を使っても
受けたいですね。

その仕事の繋がりが
次なる仕事を持ってきてくれます。

仕事の量が少ない今だからこそ
一つ一つの仕事を大切に丁寧に
こなしていきたいですね。

自分の仕事は外出はあるといえども
デスクワークが多いですが、
建設関連のお客様は
外での仕事ですので今年の夏は
大変そうです。

皆さん「倒れそうだ」とこぼしております。

仕事の大小にかかわらず
一つ一つの仕事を大切にしたいですね。

お互い体に気をつけて
この残暑を乗り切りましょう。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 14:52Comments(0)現場生レポート

2010年09月03日

自宅取得資金の贈与を受けた場合(まとめ)



建設関連のお客様と話をしておりますと
現場が増えてきたとのこと。
やっと物件も動き始めたようです。
限りあるパイをどこが取るか
待ちの姿勢ではなく、攻めの姿勢で行きたいですね。


【住宅取得資金の贈与を受けた場合】

住宅の取得にあたって、
自己資金だけでは足りなくて
父母や祖父母から資金の援助を受ける場合があります。

資金の援助を受けた場合には
本来であれば贈与税がかかりますが
非課税の申告をすることにより
一定の金額について
贈与税が非課税となります。

この非課税となる一定の金額とは
今年の税制改正により
500万円から1,500万円に拡大されております。

使える特例はフルに活用したいですね。


非課税となる要件など詳しい内容は下記アドレスをご参照ください。
http://www.keiei-s.jp/radertusin2209.html


知っておきたい贈与税の関連記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E8%B4%88%E4%B8%8E%E7%A8%8E


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 14:35Comments(0)法改正最新情報

2010年09月01日

渡し切り交際費に注意!



連日の猛暑日。溶けてしまいそうです。
本日もお客様のところへ2件訪問してきました。
お互いこの暑さに負けずに頑張りましょう。


【渡し切り交際費に注意!】

得意先を接待した時に
領収書をもらい忘れたり、取れなかったりした場合には
接待したことを証明するものがありません。

できるだけ領収書を発行していただくように
お願いをして行かなければなりません。

証明資料がない場合には
経費として認めてもらえないことになります。


また社長や社員が取引先の接待にあたって
会社から前払いでお金をもらい
接待後、未精算のままですと
会社が払った金額は税法では交際費として処理できず
社長や社員に対する給与として扱われてしまいます。

社長に対する給与ですと
役員賞与として損金不算入となります。

またもらったとされる社長や社員側に
源泉所得税が課せられることになります。

接待費用を前払いした場合には
給与課税されないように
精算し、必ず領収書を会社側で保管しましょう。


交際費の関連記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E4%BA%A4%E9%9A%9B%E8%B2%BB


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:32Comments(0)現場生レポート