プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2011年02>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2011年02月23日

【医療費控除の足切額】



今年の税理士会のイメージガールは上戸彩さんです。

上戸彩さんの動画は下記をどうぞ。
http://www.nichizeiren.or.jp/web_tv/ch01.html

皆さんは確定申告が終わりましたか?
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。


【医療費控除の足切額】

医療費控除をするためには確定申告が必要ですが
良く聞くことが
「医療費控除は10万円超えないと受けられません。」
という話です。

これは医療費控除の足切額の話で
医療費の合計から足切額を引いた残額が
医療費控除額として所得から控除することができます。

この足切額は10万円ですが
いつも10万円ではなく所得の5%とのいずれか少ない金額とされています。

従って、所得が200万円未満の方は
足切額が10万円ではなく、それより少なくなります。

よって医療費の合計が10万円を超えなくても
医療費控除ができますので
洩らすことなく控除していきましょう。

ご主人は所得が200万円以上でも
他の家族で200万円未満の方がいればその方から控除できます。

また医療費控除を家族が別々に受けようとすると
それぞれで足切にあってしまいますので
家族全員の医療費をまとめて1人から控除します。


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
facebookファンページ(「いいね!」のクリック待ってます):http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 17:40Comments(0)知って得する税知識

2011年02月15日

【確定申告期間スタート】



明日から確定申告期間がスタートします。
皆さんはもう申告できる状態ですか?

今背筋が寒くなった方もいるのでは・・・。

明日は芸能人の方々が宣伝で税務署を訪れます。

皆さんもいかがですか。

芸能人の方々はなぜあんなに早く申告できるのか。

担当の会計事務所が頑張っているところもありますが
1表だけ提出して、後で修正申告を出す人もあるとか。

申告期限の3月15日はあっという間に来てしまいます。

早目早目の準備をして行きましょう。

と言いつつ、当事務所のお客様もまだ全然資料を持ってきてくれません。

回収に行ってきます。


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
facebookファンページ(「いいね!」のクリック待ってます):http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 18:00Comments(0)現場生レポート

2011年02月11日

【事業資金の親等からの贈与】



今日は全国的に雪のようですが
沼津は雪が降っていません。雨です。
やはり温暖なんですね。


【事業資金の親等からの贈与】

個人事業を開始する時や行き詰まったときに
親等から資金援助を受けた時には
贈与になりますのでもらった側に贈与税がかかります。

しかし贈与税は年間110万円までは非課税となっております。

毎年110万円まで非課税ですので
2年に分けて援助を受けた場合には
220万円まで非課税です。

この規定とは別に
2,500万円まで贈与税がかからない規定があります。

この規定を「相続時精算課税制度」と言います。

贈与時には贈与税を課税せず、相続が発生した時に
精算して相続税を課税するものです。

相続財産があまり多くなく基礎控除(非課税枠)以下となる場合には
結果的に課税なしで資金援助を受けたことになります。

この「相続時精算課税制度」について
23年の税制改正案で緩和されることになっております。

・贈与する人が65歳以上という条件が⇒60歳以上に
・贈与を受ける人が20歳以上の子供だけの条件が⇒20歳以上の孫を追加


お金を持っている高齢者世代から
消費世代へお金を動かそうというものです。


相続時精算課税制度の改正前の詳しい内容については下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin1611.html


この改正は23年1月1日以降の贈与から遡って適用される予定です。





(税制改正動向)

税制改正の関連記事(改正の方向性)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79603.html


税制改正の関連記事(法人税率引き下げ)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80141.html


税制改正の関連記事(消費税の免税の見直し)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80438.html


税制改正の関連記事(役員給与の重課)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79656.html


税制改正の関連記事(給与所得者の概算経費控除の拡大)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80085.html


税制改正の関連記事(5年以下の役員退職金の重課)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79902.html


税制改正の関連記事(新規雇用税額控除の新設)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79788.html


税制改正の関連記事(退職金と生命保険の非課税枠の違い)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e81299.html


税制改正の関連記事(還付申請期限の延長)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e78916.html


税制改正の関連記事(税務調査の事前通知)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e78722.html


税制改正の関連記事(成年扶養控除額の減額)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79856.html


税制改正の関連記事(年金受給者の申告不要)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80783.html



不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
facebookファンページ(「いいね!」のクリック待ってます):http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:52Comments(0)法改正最新情報

2011年02月09日

【会社からの死亡退職金の非課税枠】



自分の会社を保険契約者で
社長の自分に保険を掛けたときは
掛け捨て保険(定期保険)であれば基本的に全額損金に算入されます。
(個人契約の場合には生命保険料控除5万円で頭打ちです)

それで社長に万が一のことがあった時は
会社に保険金が下りてきて
支払いにあてたり、遺族に死亡退職金として払ったりします。

この死亡退職金として遺族に払われたものは
法定相続人1人当たり500万円まで相続税がかかりません。

(例)
奥さんと子供3人なら2,000万円までの死亡退職金は非課税です。


この非課税枠は
個人で生命保険に入っていてもらう死亡保険金にも
同じ非課税枠の規定があります。

個人契約と法人契約で保険に入って
両方からもらえば上記の例ですと4,000万円まで相続税が非課税です。


なおこの非課税枠の規定のうち
個人契約の場合の非課税枠が今年の税制改正で
500万円×法定相続人(未成年者、障害者、生計を一にしてる者に限る。)となる予定です。

子供が別に生計を立てている場合は除かれてしまいます。


従って生命保険はまず法人契約のほうが有利になりますので法人契約を優先しましょう。

この改正は23年4月1日以降の相続から適用される予定です。




(税制改正動向)

税制改正の関連記事(改正の方向性)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79603.html


税制改正の関連記事(法人税率引き下げ)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80141.html


税制改正の関連記事(消費税の免税の見直し)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80438.html


税制改正の関連記事(役員給与の重課)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79656.html


税制改正の関連記事(給与所得者の概算経費控除の拡大)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80085.html


税制改正の関連記事(5年以下の役員退職金の重課)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79902.html


税制改正の関連記事(新規雇用税額控除の新設)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79788.html


税制改正の関連記事(還付申請期限の延長)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e78916.html


税制改正の関連記事(税務調査の事前通知)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e78722.html


税制改正の関連記事(成年扶養控除額の減額)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79856.html


税制改正の関連記事(年金受給者の申告不要)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80783.html



不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
facebookファンページ(「いいね!」のクリック待ってます):http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 17:57Comments(0)法改正最新情報

2011年02月07日

【還付申告できる人】



確定申告の準備は進んでいますか。

年1回の作業、毎年大変ですね。

還付申告になる方は16日の期日を待たなくても還付申告できます。

早く申告すると早く還付されます。

次のような方は還付申告できますので忘れずに申告しましょう。


【還付申告対象者】

・今年起業した方が個人事業の赤字と以前の給与と相殺したい方
・個人事業の赤字と勤め先の給与と相殺したい方
・年の中途で退職して年末調整してない方
・不動産所得の赤字と他の所得と相殺したい方
・年内に納付した予定納税額が大きかった方
・所得が少ない方で原稿料や講演料について源泉されている方
・医療費が家族全体で10万円以上かかった方
・災害、盗難、横領で損失を被った方
・借入金で住宅を取得した方
・借入金で住宅を増改築、修繕した方
・ゴルフ会員権を売却して損失が出た方
・株や投資信託の譲渡損があり配当金と相殺したい方
・寄付をして寄付金控除を受けたい方
・年末調整後に子供が生まれた方




(税制改正動向)

税制改正の関連記事(改正の方向性)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79603.html


税制改正の関連記事(法人税率引き下げ)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80141.html


税制改正の関連記事(消費税の免税の見直し)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80438.html


税制改正の関連記事(役員給与の重課)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79656.html


税制改正の関連記事(給与所得者の概算経費控除の拡大)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80085.html


税制改正の関連記事(5年以下の役員退職金の重課)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79902.html


税制改正の関連記事(新規雇用税額控除の新設)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79788.html


税制改正の関連記事(還付申請期限の延長)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e78916.html


税制改正の関連記事(税務調査の事前通知)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e78722.html


税制改正の関連記事(成年扶養控除額の減額)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79856.html


税制改正の関連記事(年金受給者の申告不要)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80783.html



不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
facebookファンページ(「いいね!」のクリック待ってます):http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:21Comments(0)現場生レポート

2011年02月05日

借入金返済の3年据置き制度



中小企業は厳しい状況が続きます。

顧問契約になって2年のお客様が
借入金3年据え置き制度を銀行に申請しました。

この2年間いろいろとご提案してきたのですが
改善がなく、今日銀行との打ち合わせ会議に参加してきました。

銀行からも
私が指摘していたことと同じ問題の
提示がありました。

銀行を巻き込んだからにはもう逃げられません。

一つ一つ問題点を解消していくしかありません。


3年据え置き制度といっても
いきなり3年据え置いてくれるわけではなく
まず半年様子を見て
それから次の猶予期間を決める状況です。

上がってくる売り上げで
回して行ける体質をいち早く作ったところだけが
生き残っていけます。

毎月毎月の経営管理が大切です。


借入金3年返済猶予の関連記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=3%E5%B9%B4%E6%8D%AE%E3%81%88%E7%BD%AE%E3%81%8D




(税制改正動向)

税制改正の関連記事(改正の方向性)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79603.html


税制改正の関連記事(法人税率引き下げ)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80141.html


税制改正の関連記事(消費税の免税の見直し)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80438.html


税制改正の関連記事(役員給与の重課)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79656.html


税制改正の関連記事(給与所得者の概算経費控除の拡大)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80085.html


税制改正の関連記事(5年以下の役員退職金の重課)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79902.html


税制改正の関連記事(新規雇用税額控除の新設)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79788.html


税制改正の関連記事(還付申請期限の延長)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e78916.html


税制改正の関連記事(税務調査の事前通知)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e78722.html


税制改正の関連記事(成年扶養控除額の減額)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79856.html


税制改正の関連記事(年金受給者の申告不要)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80783.html



不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
facebookファンページ(「いいね!」のクリック待ってます):http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 08:37Comments(0)現場生レポート

2011年02月03日

返還難の消費税還付金



お客様が消費税還付で税務調査となっております。

建物の消費税還付2,600万円を申請しているので
税務署も簡単には返してくれません。

先日1日調査立会いで
1日で終わる予定がもう1日欲しいとのこと。

来週もう1日調査立会いをします。

お客様も早く還付を受けて
事業運転資金に使いたいと願っております。

今月中には還付してもらえるように
来週頑張ります。


消費税還付の関連記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E%E9%82%84%E4%BB%98




(税制改正動向)

税制改正の関連記事(改正の方向性)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79603.html


税制改正の関連記事(法人税率引き下げ)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80141.html


税制改正の関連記事(消費税の免税の見直し)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80438.html


税制改正の関連記事(役員給与の重課)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79656.html


税制改正の関連記事(給与所得者の概算経費控除の拡大)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80085.html


税制改正の関連記事(5年以下の役員退職金の重課)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79902.html


税制改正の関連記事(新規雇用税額控除の新設)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79788.html


税制改正の関連記事(還付申請期限の延長)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e78916.html


税制改正の関連記事(税務調査の事前通知)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e78722.html


税制改正の関連記事(成年扶養控除額の減額)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79856.html


税制改正の関連記事(年金受給者の申告不要)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80783.html



不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
facebook(「いいね!」のクリック待ってます):http://www.facebook.com/pages/da-cun-shui-li-shi-shi-wu-suo/185205328180020?v=wall
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:58Comments(0)現場生レポート

2011年02月01日

扶養控除改正で手取りが減少



facebookの登録をしたのですが
いまいちわからず奮闘してます。
よければ「いいね!」のクリックのご協力よろしくお願いします。
http://www.facebook.com/pages/da-cun-shui-li-shi-shi-wu-suo/185205328180020?v=wall


【扶養控除改正で給与手取りが減少】

子供手当の支給に変えて
今年の1月から子供手当対象者の扶養控除が
減額されました。

これに伴い毎月の給与から差し引かれる源泉所得税が
増え、手取り額が減ってしまいました。

これは22年税制改正の結果です。

23年税制改正案でも更に扶養控除が圧縮されます。

22年改正、23年改正案をまとめてみました。
詳しい内容は下記アドレスをご参照ください。
http://www.keiei-s.jp/radertusin2302.html





税制改正の関連記事(改正の方向性)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79603.html


税制改正の関連記事(法人税率引き下げ)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80141.html


税制改正の関連記事(消費税の免税の見直し)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80438.html


税制改正の関連記事(役員給与の重課)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79656.html


税制改正の関連記事(給与所得者の概算経費控除の拡大)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80085.html


税制改正の関連記事(5年以下の役員退職金の重課)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79902.html


税制改正の関連記事(新規雇用税額控除の新設)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79788.html


税制改正の関連記事(還付申請期限の延長)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e78916.html


税制改正の関連記事(税務調査の事前通知)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e78722.html


税制改正の関連記事(成年扶養控除額の減額)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e79856.html


税制改正の関連記事(年金受給者の申告不要)は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e80783.html



不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
facebook(「いいね!」のクリック待ってます):http://www.facebook.com/pages/da-cun-shui-li-shi-shi-wu-suo/185205328180020?v=wall
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 17:04Comments(0)法改正最新情報