プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2012年02>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2012年02月24日

給与と副業赤字の相殺で税金還付



個人の確定申告時期本番ですね。
個人事業主の方は3月15日が申告期限ですが終わりましたでしょうか。
早く申告してサッパリしたいですね。


【給与と副業の赤字の相殺による税金の還付】

給与所得がある方が別に事業をしていて
その事業所得が赤字の場合には確定申告をすると税金が還付されます。

事業所得の赤字は給与所得と相殺できるため
相殺により減少した所得に対する給与の源泉税が還付されることになります。


なお事業所得の赤字が大きくて
給与所得で相殺しきれない場合には
残った赤字は次のように取り扱われます。

(青色申告者の場合)
相殺しきれなかった赤字は翌年以降3年間繰り越して
翌年以降3年内の所得と相殺できます。
来年以降も給与の源泉税還付が受けられます。

(白色申告者の場合)
相殺しきれなかった赤字はその年度で切り捨てられることになります。


白色申告者は不利ですので青色申告の申請をしておきましょう。


不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================
  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:20Comments(0)現場生レポート

2012年02月04日

売電は申告が必要



今日は日中10度を超えそうですね。
良い週末をお過ごしください。


【太陽光発電の売電は申告が必要】

太陽光発電を屋根に設置した場合に
余剰電力を電力会社などに売却した時の収入は
確定申告が必要です。

・サラリーマンが設置した場合
 ・・・・・「雑所得」として申告

・事業者が店舗等に設置した場合
 ・・・・・「事業所得」の付随収入して申告

設置、運転にあたってかかる費用があればもちろん経費として控除できます。

当初の太陽光発電設備の購入費用は
資産として計上し耐用年数期間(17年)にわたって減価償却して
行きます。この減価償却費が毎年費用に算入できます。

また設置年度に設備購入費用を全額損金に算入できる特例や
税金を一部免除する税額控除制度も設けられております。


全額損金や税額控除の詳しい内容は下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2401.html


太陽光発電が注目される中
税務署も目を光らせておりますので申告漏れに気をつけましょう。


不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================
  

Posted by 大村税理士事務所 at 09:27Comments(0)現場生レポート

2012年02月02日

還付請求期間が延長されました



インフルエンザが流行ってますね。
事業主は体が資本。うがい、手洗い、マスクで頑張りましょう。


【還付請求期間が延長されました】

税金の還付制度が昨年末に改正されております。

・今までは
 税金の還付請求は申告から1年以内しかできませんでした。
 (税務署の税金の追徴は5年さかのぼって徴収されていたのに、還付は1年しか遡れませんでした。)

・昨年末の改正で
 納税者による還付の請求期間も税務署の追徴期間の5年に合わせることになりました。

平成23年12月2日以降申告期限が到来する税金から対象になります。
その日以前の税金は従来通り1年しか遡れません。

しかし、たった1日の違いで1年か5年か変わるのでは不合理のため
調整規定も設けられています。

詳しい内容等は下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2402.html


納税者はまだまだ弱い立場にあります。
納税者の権利が少しずつでもより守られることを期待したいですね。


不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================
  

Posted by 大村税理士事務所 at 17:42Comments(0)法改正最新情報