プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2012年06>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2012年06月30日

消費税改正に伴う事前対策



日中が暑くなってきましたね。
梅雨明け間近、今年も節電の夏。
暑さに負けずに頑張りましょう。


【消費税改正に伴う事前対策】

消費税関連法案が今月26日に衆議院を通過しました。
参議院で可決成立するのは時間の問題となりました。

26年4月から8%
27年10月から10%

の案です。

消費税率引き上げに伴い、実務の現場の注意点として2点ほどお客様にご案内しております。

(その1)
レジスターの買い替え、車両の買い替え、大規模修繕、リース契約等の大きな支出は
税率が低い26年3月末までに行うこと。


レジスターは、8%、10%などパーセンテージが簡単に変更できる物へ。

(その2)
商品やサービスを税込みで提供している方は
できれば早い段階に税抜き表示に変えていただく。


消費税率改正時に便乗値上げをしたと思われないように
本体価格は同じで消費税アップ分をお預かりする旨をアピールするため。


まだ詳細は決まっておりませんが
今後の行方を注視したいですね。


消費税に関連する記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E



不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 14:40Comments(0)法改正最新情報

2012年06月22日

養子縁組による対策



梅雨の時期、今日も大雨です。
気を付けながら今日も頑張りたいと思います。


【養子縁組による遺産分割対策】

先日、お客様の叔母の相続が発生しました。
遺産分割による争いを避けるため事前に相談を受けていました。

叔母には子供がなく、本家であるお客様が生前面倒を見ておりました。

何もしないで相続が発生した場合には
相続権が叔母の兄弟やその子供たちに分散され
遺産分割でもめることが想定されておりました。

そこで生前にお客様が叔母の(普通)養子になることを提案しました。

何とか無事に相続手続を終わらせることができました。

養子縁組による一般的な効果は
相続権が発生するだけではなく
次のように法定相続人の数に含めることができます。

・法定相続人に実子がいるとき・・・・・養子のうち1人まで
・法定相続人に実子がいないとき・・・養子のうち2人まで

法定相続人が増えることにより
・相続税の基礎控除額(1,000万円)が増える
・生命保険の非課税枠(500万円)が増える
・死亡退職金の非課税枠(500万円)が増える
・相続税の計算で税率が下がる


*基礎控除と生命保険の非課税には今後改正が予定されております。


少しでも遺産分割の争いを避けられるよう検討したいですね。


不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 11:01Comments(0)現場生レポート

2012年06月16日

国外財産の届出義務化へ



梅雨本番ですね。
気持ちは晴れ晴れ、元気で行きたいですね。


【国外財産の届出義務化へ】

最近、国外にある財産についての所得税、相続税の申告漏れが増加しているとのこと。

24年税制改正で国外財産を税務署に届け出る
「国外財産調書制度」が創設されました。

年末における国外財産の時価が5,000万円を超える方は
翌年の3月15日までに税務署に調書を提出しなければなりません。


(提出しなかった場合、記載不備の場合の罰則)

過少申告加算税(10%)や無申告加算税(15%)が5%増えます。
(しっかり記載している場合には逆に5%軽減されます。)
26年以降に提出する調書から適用されます。

さらに悪質な場合には1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。
27年以降に提出する調書から適用されます。

国外取引が増えてくる昨今、
海外不動産、海外の預金や海外株式投資の
申告漏れは気を付けたいですね。


不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 09:49Comments(0)法改正最新情報

2012年06月09日

5千円以下飲食接待費の人数水増し注意



今日は雨ですね。
雨の日も明るく元気に頑張りたいと思います。


【5千円以下飲食接待費の人数水増し注意】

法人の交際費は
年600万円を超えると超えた部分は損金に落とせないことになっております。

また600万円以下の交際費でも1割は損金に落とせないことになっております。

しかし、飲食接待費で
1人当たりの金額が5千円以下のものは全額損金に落として良いことになっております


この判定基準を悪用して
領収書を分けたり、人数を水増しして
1人当たりの金額が5千円以下になるように仮装経理した場合には
重加算税(増差税額の35%)の罰金の対象になります。

従業員にも徹底が必要ですね。

全額損金に算入できる5千円以下の飲食交際費の要件は次のアドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e62869.html


不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 09:24Comments(0)現場生レポート

2012年06月01日

住民税の特別徴収と年2回納付の特例



忙しい5月がやっと終わって6月がスタートしました。
当社も6月からクールビズにしました。
節電できるところはしていきたいと考えております。


【住民税の特別徴収と年2回納付の特例】

会社員の住民税の納付方法には
・会社員個人が直接払う「普通徴収」と
・会社が従業員の給与から天引き徴収する「特別徴収」があります。

今年からこの特別徴収の義務化が始まった都道府県があります。

この6月から
住民税も毎月の給与から天引き徴収し
翌月の10日までに
従業員の住所の市区町村ごとに
毎月支払っていかなければなりません。

普通徴収でやってきた会社は大変ですね。

会社側で毎月払うのは手間がかかって大変ですので
従業員が10人未満の会社は
半年ごとまとめて、年2回納付にしても良いことになっております。

できる限り会社の手間は削減したいですね。


詳しい内容等は下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2406.html


不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:14Comments(0)法改正最新情報