プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2012年08>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2012年08月25日

マルサと税務調査の違い



まだまだ残暑厳しいですね。
暑さに負けず頑張りましょう。


【マルサと一般税務調査との違い】

税務調査というと伊丹監督の「マルサの女」を想像してしまいますが
税務調査には次の二つがあります。

・強制調査(マルサ)
・任意調査(通常はこちら)

・強制調査とは映画でも見たように国税局調査官が裁判所の捜査令状をもって
納税者の同意なしに家宅捜査する調査です。

23年度の査察白書によると強制調査の結果、告発された件数が多かった業種は
1位・・・建設業
2位・・・商品・株式取引業者、人材派遣業
3位・・・食品卸業、情報提供サービス業
4位・・・運送業、クラブ・バー
だったそうです。

任意調査とは一般的に行われる税務署の調査で
納税者の同意を得て行われる調査です。

一般的な任意調査の場合には
税務署と調査日程を調整して、調査時も納税者の承諾を得て
帳簿等の調査が行われます。


マルサを想像してしまいがちですが
一般的な任意調査には毅然と対応していきたいですね。

またいつ調査に来られてもいいように資料をしっかり整えておきましょう。


不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 14:37Comments(0)法改正最新情報

2012年08月18日

消費税率引上げに伴う対応



お盆休み明け仕事が溜まってます。
頑張ってこなして行きたいと思います。


【消費税率引上げに伴う対応】

10日に消費税率引き上げ法案が参議院を通過して可決成立しました。

・26年4月1日から8%
・27年10月1日から10%

法人税や所得税などの直接税から、消費税の間接税への比重が高まってきました。
法人税を重課すると企業が海外へ逃げてしまい国内の空洞化を招いてしまう。
とりやすい消費税から取るという流れはこれからも変わらないだろう。


この消費税率引き上げ前にやっておきたいのは
リース契約だ。


以前3%から5%に引き上げられた時は
改正前にリース契約したものは契約終了まで旧税率(3%)が適用されました。

今回もまだ詳細は出ていませんが同じことが考えられます。

改正前に契約したリース契約は
8%や10%に改正されても旧税率(5%)が契約終了まで適用されることが想定されます。


リース契約をするようなものがありましたら
26年3月31日までにしておきたいですね。



その他事前対策の記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e97062.html


不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 10:42Comments(0)法改正最新情報

2012年08月02日

短期役員の退職金重課



オリンピックで連日熱い戦いが続いております。
そのパワーを頂いて、仕事を頑張りたいと思います。
ガンバレ!日本!


【短期間の役員がもらう退職金の課税強化】

・知り合いの会社の役員になり、5年以下で辞任し退職金をもらう場合や
・社員から役員に昇進して、昇進後5年以内に退職する場合など


役員としての勤続期間が5年以下の場合に支給を受ける退職金について
24年度改正で課税の強化が図られました。

(改正前)
課税される退職金=(退職金ー退職所得控除額)×1/2

で退職金から退職所得控除額という非課税枠が控除され、その残額の半額が課税されることになっております。

(改正後)
課税される退職金=退職金ー退職所得控除額

1/2されず、残額が課税されることになりました。

この改正は25年1月1日以降に支給される退職金から適用されます。

1月ぐらいに退職予定の方は、12月退職も検討したいですね。


詳しい内容等は下記アドレスをご参照ください。
http://keiei-s.jp/radertusin2408.html


退職所得控除額(非課税枠)については下記アドレスの記事をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e97414.html



不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================  

Posted by 大村税理士事務所 at 16:53Comments(0)法改正最新情報