プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2012年11月17日

検討したい企業年金とは



朝が寒くなりましたね。
寒さに負けず元気に頑張りましょう。


【検討したい企業年金とは】

厚生年金の上乗せ年金として導入されている厚生年金基金制度。

AIJ投資顧問の件で表面化した厚生年金基金の運用失敗による積立不足問題。

厚生労働省は10年後をめどにこの厚生年金基金制度を廃止する方向だ。

厚生年金制度の後継として注目されているのが確定拠出型年金制度(日本版401K)である。

運用の主体は企業ではなく、従業員本人が運用の選択をする。


(制度加入の条件緩和)

現在の401Kはかなり条件が緩和されております。

・1名からでも加入できる。
・会社側の掛金負担がなく始められる選択制確定拠出年金がある。

 (現在の給与の一部が掛金とされる。)
・従業員本人も掛金を上乗せできる。(全体で月51,000円が限度)


(税金上の取り扱い)

・掛金とされた給与部分については税金や社会保険の対象から外されます。

・従業員が負担した上乗せ掛金は全額所得控除として控除できます。


・受け取り時に一時金で受け取る場合は退職所得、年金受け取りの場合は公的年金として雑所得とされます。



401Kの詳しい内容については下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/e98583.html


国や会社をあてにせず、しっかり自分で退職年金を積み立てて行きたいですね。



不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================


同じカテゴリー(知って得する税知識)の記事
賃金引上げ助成金
賃金引上げ助成金(2018-06-08 16:54)

相続土地の改正対策
相続土地の改正対策(2018-03-31 09:49)

新・事業承継税制
新・事業承継税制(2018-02-27 09:31)

Posted by 大村税理士事務所 at 12:59│Comments(0)知って得する税知識
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。