プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2019年06月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2007年10月08日

会計ソフトで65万円控除を!

何日か空いてしまいました。できるだけ続けて書くように努力したいと思います。
昨日は校区の体育祭でタイヤころがし競争をしたので脇の筋肉が痛いです。(日ごろ鉛筆より重いものを持ったことがないものですから・・・。冗談です。)

【65万円青色申告特別控除】
今回は個人で確定申告する方に認められている特典の「65万円青色申告特別控除」について見て行きましょう。
個人申告者には、大きく分けて「白色申告者」と「青色申告者」に分けられます。
税金上では「青色申告者」の方が税金が安くなります。
「65万円青色申告特別控除」も青色申告者のみに認められている特典です。
「65万円青色申告特別控除」とは実額経費以外に、別枠で65万円利益を削ってよいという特例です。利益が65万円減るということは、適用される税率が10%で考えても6万5千円(65万円×10%)も税金が安くなります。適用税率が20%の方でしたら13万円も納税額が変わってきます。是非、青色申告しましょう。
しかし、税金が安くなる分、青色申告者には帳簿の記帳義務が課せられております。
複式簿記という方法により、すべての取引を記録しなければなりません。(エクセルで費用集計するだけではだめです。)
この複式簿記というのがくせ者でして、簿記を知らないとできません。
そこでお勧めしたいのが、会計ソフトです。
会計ソフトに日々の取引を入力するだけで、複式簿記をやることができます。(ソフトによっては簿記がわからないと入力できないソフトがありますので注意してください。なお参考までに当事務所では弥生会計をお勧めしております。簿記がわからない方に便利な仕訳辞書機能があります。)

【青色申告の特典】
なお、「青色申告者」には、他にもいくつかの特典がありますのでご紹介しておきます。
家族従業員の給与の費用算入(白色申告者は妻などに払った給与が費用に落とせません。)
貸倒損失の前倒し計上(貸倒になりそうな債権について引当金として見積計上できます。)
在庫商品の評価損の計上
特別償却の計上(減価償却を多めに計上できます。)
税額控除の特例(税金を一部免除してくれる特例があります。)
赤字の繰越相殺(本年の赤字を翌年以降3年間繰り越して3年間の利益と相殺して納税をおさえることができます。)
赤字の繰り戻し還付(昨年納税で、今年赤字の場合にその赤字を昨年の利益と相殺して昨年納めた税金を還付してもらうことができます。)
税務調査時の一方的な税額計算の禁止(税務調査のときに税務署側が一方的に追徴税額を計算することができないことになっています。)

以上、特典がいろいろありますので是非、青色申告しましょう。

脱税はしてはいけませんが、節税はどんどんやるべきです。
税法はおかしなもので、知ってれば得する、知らなければ損するというところがあります。(もち屋はもち屋で、専門家にお願いすれば節税分で報酬が払えてしまいます。)
是非、使える特典はフルに使って節税していきましょう。
何か不明点がございましたら、ご遠慮なくお問合せください。

税理士 大村勇次
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
http://www.e-adviser.jp/ksc/


同じカテゴリー(知って得する税知識)の記事
賃金引上げ助成金
賃金引上げ助成金(2018-06-08 16:54)

相続土地の改正対策
相続土地の改正対策(2018-03-31 09:49)

新・事業承継税制
新・事業承継税制(2018-02-27 09:31)

Posted by 大村税理士事務所 at 10:28│Comments(0)知って得する税知識
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。