プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2007年10月11日

2年は消費税免税で!

5%の消費税って重いですね。
こどもがお菓子を買っても消費税がかかります。なぜ、子供までが消費税を払わなければいけないのでしょうか。
食料品は消費税非課税がいいですね。福田総理何とかしてください。
愚痴はこのへんにして、本題に入ります。

【新規開業者の方】
消費税は、事業者の年間課税売上が1,000万円を超えると納税義務が発生します。
それでは、個人が起業した場合、初年度から1,000万円の売上が上がった場合消費税を納めなければいけないかというと実は違います。
通常開業2年間は、消費税がかかりません。
これは、大変ありがたい規定です。
消費税は、一番滞納が多い税金です。
なぜかというと赤字でも消費税の納税が出るからです。
消費税はお客様から預かった税金を国に納めるものです。しかし、実際は売上代金と一緒に入金してしまうため、運転資金で使ってしまいます。
お客様から預かった税金なのに使ってしまうため収められない方が続出しています。
是非、預かった分は定期積金などで普通預金からはずしておきましょう。
この開業2年間を有効に活用しましょう。

【既に開業している方】
もう既に、個人で何年か事業をやられている方で、課税売上が1,000万円を超えているために消費税を払っている方は、法人に変更するとまた2年間消費税が免税になります。
別人格という扱いになるので開業と同じ扱いです。
2年間再度消費税がかからないのは大きな特典です。是非、活用しましょう。
受けたい方、また詳しい内容を知りたい方はお気軽にお問合せください。

税理士 大村勇次
http://www.e-adviser.jp/ksc/
(E-mail)ksc1@keiei-s.jp


同じカテゴリー(知って得する税知識)の記事
相続土地の改正対策
相続土地の改正対策(2018-03-31 09:49)

新・事業承継税制
新・事業承継税制(2018-02-27 09:31)

Posted by 大村税理士事務所 at 18:47│Comments(0)知って得する税知識
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。