プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2019年06月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2007年10月20日

地震保険料控除がひけます!

先週ぐらいから保険会社から「保険料控除証明書」が届き始めております。
これは会社経営の方や会社員の方は、会社で年末調整をするときに控除資料で使います。
個人事業者の方は、確定申告するときに控除資料で使います。
是非なくさずに保管しておいてください。
なくすと再発行に時間がかかります。
当事務所のお客様もなくしてしまって直前で急いで再発行してもらうことがあります。
当事務所ではお客様がなくさない前に早めに回収させていただいてます。

今日は、先日も地震がありましたが、「地震保険料控除」という制度が、今年の確定申告から適用できるようになりましたので、書いてみたいと思います。
私も静岡県出身ですので、東海地震が心配です。
残っているのは、東海地方だけか?

【地震保険料控除】
18年度の税制改正により、「長期損害保険料控除」が昨年で廃止になり、19年より地震保険に入った方は、「地震保険料控除」として一定の金額が、所得から控除することができようになります。
≪控除額≫
所得から控除できる金額は、次のとおりです。
(所得税)最高5万円
(住民税)最高2万5千円

地震保険を掛けた方は、忘れずに受けましょう。
なお詳しい内容は、下記アドレスを参照ください。
http://www.keiei-s.jp/radertusin1908.html


税理士 大村勇次
http://www.e-adviser.jp/ksc/
(E-mail)ksc1@keiei-s.jp


同じカテゴリー(保険の知識)の記事
事業主の労災保険は
事業主の労災保険は(2010-09-18 08:05)

事業者は保険が必要
事業者は保険が必要(2010-09-07 16:50)

残したい非課税財産
残したい非課税財産(2010-07-31 11:15)

Posted by 大村税理士事務所 at 16:53│Comments(0)保険の知識
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。