プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2019年06月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2007年10月25日

今年の住宅ローン控除は注意です!

お金って、普通預金口座にあるとアッという間になくなってしまいますね。
私も口座にお金があると株を買いたくなってしまいます。
ただ、買った株はワインじゃないですが、"何年もの"というように塩漬け状態になってしまっているものが多いです。
これに懲りて、最近はお金が貯まったら証券投資信託に入れるようにしています。口座からはずしておくと使わなくてすみます。
こちらの方がうまくいっています。
お客様にも「定年までに1億円貯めよう!」をスローガンにリスク分散投資のご案内をしてます。

【住宅ローン控除】
今日は、住宅ローン控除について書いてみたいと思います。
自宅を自己資金で買った場合には、何も控除はないのですが、借入金で買った場合には、何年かにわたって税金を一部免除してくれる制度があります。これが住宅ローン控除です。
こんないい制度、使わなければもったいないですよ。

この住宅ローン控除が、昨年の税源移譲の改正(所得税を下げて住民税を上げるもので、トータル税額は変わらない)により、おかしなことになっています。
住宅ローン控除は、所得税からしか控除されないため、今まで控除できていた金額が、所得税が下がった分だけ引ききれなくなってしまうということが起こってしまいました。

そこで、国は、引けなくなってしまった住宅ローン控除額を住民税から引けるように改正しました。
ただ、これは自動的に市区町村が引いてくれるものではなく、納税者が申請しないと控除してくれません。
是非、住宅ローン控除を受けている人は、今年の確定申告時は、注意してください。
詳しくは、次のアドレスにのってますのでよろしければご覧ください。
http://www.keiei-s.jp/radertusin1901.html
税金て知ってれば得するという変なところがあります。

税理士 大村勇次
http://www.e-adviser.jp/ksc/
(E-mail)ksc1@keiei-s.jp


同じカテゴリー(おすすめライブラリー)の記事
賃金引上げ助成金
賃金引上げ助成金(2018-06-08 16:54)

相続土地の改正対策
相続土地の改正対策(2018-03-31 09:49)

新・事業承継税制
新・事業承継税制(2018-02-27 09:31)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。