プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2008年06月02日

被災地支援の寄付をした場合には?

今日から梅雨入りですね。
半袖のワイシャツで家を出たら1日寒かったです。
風邪をひかないようにお互い気をつけましょう。

【被災地に寄付をした場合】
ミャンマーの水害や中国四川大地震は、ひどい被害をもたらしております。
個人がこれらの被災地支援の寄付をした場合には、「寄付金控除」が受けられます。

【寄付金控除】
次の算式により計算した金額を、寄付金控除額として課税所得から減額することができます。

寄付した金額(注)ー5,000円=寄付金控除額
(注)上記算式中、寄付した金額は、所得合計の40%を限度とします。

【寄付金控除の手続き】
寄付金控除を受けるためには、確定申告が必要です。
確定申告書に寄付金の領収書の添付が必要となります。
電子申告する場合には、領収書は納税者保管となります。

募金団体から最終的に日本赤十字社などの特定公益増進法人に対して拠出されることが募金趣意書等で明らかにされている場合には、寄付金控除の対象になりますが、任意団体が募集している寄付は寄付金控除の対象にならないケースがありますので、事前に確認するとよろしいでしょう。

不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================


同じカテゴリー(知って得する税知識)の記事
役員報酬の損金拡大
役員報酬の損金拡大(2017-06-06 14:42)

Posted by 大村税理士事務所 at 18:49│Comments(1)知って得する税知識
この記事へのコメント

サディストさん。コメントありがとうございます。
国籍かかわらず支えあえる世の中になりたいですね。
稲盛和夫氏(KDDI最高顧問)が本の中で
「利他の心を可能な限り広げ、高めて行くことにより、おのずと広い視野を持つことができ、客観的な正しい判断ができるようになり、失敗を回避できるようになる。」
と述べています。
失敗しない事業を行うあたり、「利他の心」は、自分の根幹を形成してくれるものと私は考えております。
-----

COMMENT:
AUTHOR: サディスト
EMAIL:
IP: 219.10.72.88
URL:
DATE: 06/02/2008 11:23:51 PM
私は30過ぎてから、やっと募金するようになりました。

募金、絶対にしなきゃいけないんです、自分自身の為に。たとえ10年後でも、なんらかの形で返ってくるんですよね。
Posted by 大村勇次 at 2008年06月03日 14:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。