プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2019年05月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2009年11月09日

部門別利益を見よ!

部門別利益を見よ!

今日は午後にお客様に対して弥生会計の操作セミナーをやりました。

今日のお客様は電気工事業のお客様で工事別に損益を把握したいとのことで
弥生会計の部門別損益を使って説明をしました。

こんな集計表が見れるのかと驚いてお帰りになりました。

部門別損益計算書は
・会社の中の部門別に
・支店等の店舗別に
・今回のように工事別に
売上やその売上にかかった経費を各別に集計し、
各別に利益が出ている部門なのか確認することができる損益計算書です。

この厳しい経済状況下の中
どの部門がいくら儲かっているのか
または赤字なのかをタイムリーに把握し
タイムリーに「集中と選択」をしていかなければなりません。

赤字部門は早期撤退を!
早期撤退が無理なら少しずつ人員配置の見直し、人員削減をしていきましょう。

赤字の垂れ流しをいつまでも見逃していては
いずれ倒産は避けられません。

1カ月でも早く手を打たなければなりません。

そのためにも部門別損益計算書を是非ご活用ください。

個別費用は個別部門へ
共通費用は配分比率で各部門へ配布し
各部門の費用を集計します。

データ入力時に部門を指定するだけで
部門別に自動集計です。

是非お試しください。

弥生会計の活用関連記事は下記をご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E5%BC%A5%E7%94%9F%E4%BC%9A%E8%A8%88

不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

人気ブログランキングへ≪≪起業・独立ブログランキングを確認!≪≪

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================






同じカテゴリー(現場生レポート)の記事
賃金引上げ助成金
賃金引上げ助成金(2018-06-08 16:54)

相続土地の改正対策
相続土地の改正対策(2018-03-31 09:49)

新・事業承継税制
新・事業承継税制(2018-02-27 09:31)

Posted by 大村税理士事務所 at 17:41│Comments(0)現場生レポート
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。