プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2010年10月26日

個人的費用の付込みに注意!




【個人的費用の付け込みに注意!】

・個人的な物を買った時の領収書や
・個人的な飲み食いの領収書を
事業上の経費として落とした場合に
税務調査で「個人的な経費」として否認された場合には
税務上、役員賞与として全額損金不算入となります。

また役員賞与とされた金額は
個人側で給与とされるため
給与課税の対象となり
法人側と個人側とのダブル課税となりますのでご注意ください。

税務調査では
場合によっては領収書の支払い先にまで行って確認をしてきます。
これを反面調査といいます。


領収書を保管するにあたりまして
個人的な費用と間違われないように
・領収書を会社名でもらうこと。
・領収書に具体的な物の名称を書いてもらうか、自分でメモを書くこと。
・誰と飲み食いしたのか領収証に書くこと。など
後で聞かれてもいいように、できることはしておきましょう。


税務調査に関する記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E7%A8%8E%E5%8B%99%E8%AA%BF%E6%9F%BB


交際費の全額損金算入の記事は下記アドレスをご参照ください。
http://ksctax.dgblog.dreamgate.gr.jp/search.php?search=%E4%BA%A4%E9%9A%9B%E8%B2%BB


不明点等ございましたら、お気軽に下記「無料メール相談」からお問合せください。

========================================================
税理士 大村勇次
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所:http://www.e-adviser.jp/ksc/
========================================================


同じカテゴリー(知って得する税知識)の記事
賃金引上げ助成金
賃金引上げ助成金(2018-06-08 16:54)

相続土地の改正対策
相続土地の改正対策(2018-03-31 09:49)

新・事業承継税制
新・事業承継税制(2018-02-27 09:31)

Posted by 大村税理士事務所 at 12:55│Comments(0)知って得する税知識
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。