プロフィール
大村税理士事務所
大村税理士事務所
ブログ閲覧ありがとうございます。税理士の大村です。
生まれは静岡県沼津市です。アジの開きが有名ですが、海あり山ありで温暖な環境のせいかのんびりした性格だと自分では思っています。趣味は仕事(本当?)です。お気軽にご連絡ください。
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
アクセスカウンタ
< 2019年05月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2012年01月27日

住宅取得資金贈与の非課税の改正案

住宅取得資金贈与の非課税の改正案

連日寒い日が続きますね。
インフルエンザが流行っておりますのでお互い気をつけましょう。
事業主は体が資本です。寝込んではいられませんね。


【住宅取得資金贈与の非課税の24年改正案】

24年も始まりましたが
24年に子供たちが自宅を建てるときに親等が取得資金の贈与(援助)をした場合の
「住宅取得資金の贈与の非課税」規定はどうなっているのでしょうか。
確認しておきましょう。

23年までの法律ですと
1,000万円までの取得資金の贈与については非課税となっておりますが
23年で打ち切りの法律となっております。

しかし、昨年12月に出された24年度税制改正案では
この非課税規定を延長する旨の案が出ております。

改正は24年3月末に行われ1月1日にさかのぼって適用される予定です。

(改正案の内容)
・1,000万円までの贈与は非課税
省エネ、耐震住宅については1,500万円
・父母又は祖父母からの贈与であること
・父から1,000万円、母から1,000万円で2,000万円非課税でもOK
・贈与税の基礎控除(110万円)、相続時精算課税(2,500万円)との併用適用可
・贈与税の申告が必要など


非課税規定が延長、拡大されることにより
内需が活性化することを願います。


不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


========================================================
税理士 大村勇次
facebookページ:http://www.facebook.com/omura.tax
無料メール相談(一般の方)こちらをクリック!
無料メール相談(ドリームゲート会員の方)こちらをクリック!
私のプロフィール:http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/ksctax
E-mail: ksc1@keiei-s.jp
当事務所HP:http://www.omura-tax.jp/
========================================================


同じカテゴリー(法改正最新情報)の記事
賃金引上げ助成金
賃金引上げ助成金(2018-06-08 16:54)

相続土地の改正対策
相続土地の改正対策(2018-03-31 09:49)

新・事業承継税制
新・事業承継税制(2018-02-27 09:31)

Posted by 大村税理士事務所 at 17:02│Comments(0)法改正最新情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。